防弾少年団(BTS)、日本ツアー13公演完走! 計14万5千人が歓喜


5月10日にリリースしたユニバーサルミュージック移籍第一弾シングル「血、汗、涙」が約35万枚のセールスを記録した、防弾少年団(BTS)。

2月18日の韓国公演を皮切りにスタートしたワールドツアーの日本公演【2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR ~Japan Edition~】の千秋楽が7月2日に真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われた。

開演前からスクリーンのミュージック・ビデオに合わせてファンが合唱する中、「血、汗、涙」にも収録されている「Not Today」のオリジナルver.からライブがスタート。

メンバーソロステージや、ユニットステージなど、ビルボード HOT200で26位を記録したアルバム「WINGS」から余すことなく披露。途中、「N.O.」「NO MORE DREAM」「BOY IN LUV」「Danger」を日本語バージョンのメドレーで披露すると、会場からは溢れんばかりの歓声が巻き起こった。

アンコールでは、「みなさんのおかげでオリコン1位!ありがとうございます!」(J-HOPE)とファンへのプレゼントとして、「血、汗、涙 -Japanese ver.-」を会場全体で大合唱。

途中、メンバーのRAP MONSTERが「楽しんでますか!」と声をかけ、会場のファンとコールアンドレスポンスをするなど、一体感のあるステージは約2時間40分で全23曲を披露した。

ワールドツアーは10の国と地域で全32公演、約40万人を動員し、日本では5月30日の大阪城ホールから札幌公演まで13公演で14万5千人を動員。

先日発表となったBillboard Music Awards 2017でジャスティン・ビーバーらを押しのけトップ・ソーシャル・アーティスト部門を受賞したことが記憶に新しい中、さらなる注目を浴びている。

米タイム誌が選定した「インターネット上で最も影響力のある人物25人」に韓国人で唯一選ばれた。一緒に選ばれたのは、ドナルド・トランプ米大統領、「ハリー・ポッターシリーズ」の作家J・K・ローリング、リアーナなど。タイム誌は「インターネット上で影響力のある人物を発表したのは今回で3度目で、候補者たちはソーシャルメディアでの世界的影響力と話題性から検討した」「防弾少年団は多様なプラットフォームで人気を集計するビルボード ソーシャル 50で27週1位を記録した。これはアーティストとしてとても印象的な偉業」と紹介した。

韓国、日本を超え、世界中で注目を集めている防弾少年団(BTS)の今後から目が離せない。

<セットリスト>
1 Not Today
2 21st Century Girl
3 ペップセ -Japanese Ver.-
4 DOPE
5 Begin
6 Lie
7 First Love
8 Lost
9 Save ME -Japanese Ver.-
10 I NEED U -Japanese Ver.-
11 Reflection
12 Stigma
13 MAMA
14 Awake
15 BTS Cypher 4
16 FIRE -Japanese Ver.-
17 Title Medley (N.O -Japanese Ver.-/No More Dream -Japanese Ver.-/BOY IN LUV -Japanese Ver.-/Danger -Japanese Ver.-/RUN -Japanese Ver.-)
18 Boy Meets Evil
19 Blood Sweat & Tears
En1 Wings
En2 血、汗、涙 -Japanese ver.-
En3 2! 3!
En4 Spring Day

■防弾少年団「血、汗、涙 -Japanese Ver.-」MV

【防弾少年団(BTS) 「血、汗、涙」商品詳細】
◆血、汗、涙 <通常盤>

【CD Only】 \ 1,300(税込) / 1,204(税抜) (UICV-5063)
1.血、汗、涙 –Japanese ver.-
2.Not Today –Japanese ver.-
3.Spring Day –Japanese ver.-

http://store.universal-music.co.jp/product/uicv5063/

◆デジタル配信中
iTunes http://po.st/it_bts_bst
レコチョク http://po.st/reco_bts_bst

【防弾少年団(BTS) バイオグラフィ】
韓国のヒップホップボーイズグループ。グループ名の由来は、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。

2013年6月13日 シングル「2 COOL 4 SKOOL」で韓国デビュー
2014年6月4日 「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」で日本デビュー
2015年6月 4thシングル「FOR YOU」がオリコン週間シングルランキング1位を獲得
2015年8月 「SUMMER SONIC 2015」出演
2016年8月 「a-nation island & stadium fes. 2016 powered by dTV」出演
2016年9月 日本2ndアルバム「YOUTH」が海外HIPHOPグループ史上初オリコン週間アルバムランキング1位を獲得
2016年10月 韓国2ndアルバム「WINGS」がビルボード200チャート26位にランク、韓国アーティストの最高記録を更新

「DNCE」、K-POPグループ「防弾少年団」とのコラボを希望!? SNS上でラブコール

2017.06.12