大人気新人アイドルグループ「MOMOLAND」が初来日! ブルゾンちえみに似ていると話題のアインが「35億」ネタを披露[イベントレポート]

2018年3月2日(金)、韓国で大人気の新人アイドルグループMOMOLANDが初来日し、タワーレコード渋谷点でマスコミ関係者向けのショーケースを行った。

モモランドは、2016年に韓国の放送局で放送されていたサバイバルオーディション番組「モモランドを探して」から誕生した9人組女性グループ。2016年11月にミニアルバム「Welcome to MOMOLAND」でデビュー。2018年1月にリリースした「BBoom BBoom」で韓国の音楽番組「Mcountdown」などで1位を獲得、今最も勢いに乗っているグループである。

記者や関係者が大勢集まった会場に、元気に登場したモモランドは、2枚目のミニアルバムから「Freeze」と、1枚目のシングル「Wonderful Love (EDM ver.)」2曲を元気に披露しショーケースがスタートした。

トークタイムでは、メンバー1人づつ日本語で自己紹介を行った。ネットでも”韓国版ブルゾンちえみ”と話題になっているメンバー、アインは自己紹介の際に「35憶」とブルゾンちえみのマネをし笑いを誘った。

ネットで”韓国版ブルゾンちえみ”と話題のメンバー、アイン

初めての日本に大興奮気味のメンバーたちは、「日本で行ってみたいところは?」という質問に「富士急ハイランド」、「沖縄」、「温泉」など次々と答え日本にとても興味があるようだった。今回の来日のためにパスポートを作ったというメンバーのヨンウは「はじめての飛行機はどうでしたか?」という質問に、「少し緊張していたたけど、寝ちゃったからあんまり覚えていないの」とお茶目な回答で会場を笑わせた。

日本デビューが決まり、これからの目標は?と聞かれると「年末に行われる、紅白歌合戦に出演したいです!」と元気に答え、日本での活動を楽しみにしているようだった。

最後に日本デビュー曲となる「BBoom BBoom(プムプム)」を披露し、約40分間のショーケースを終えた。ステージを後にする際、「ありがとうございました!」「おつかれさまでした!」と元気にあいさつをする姿に記者たちからも笑顔がこぼれていた。

 

【バイオグラフィー】
モモランドは、2016年に韓国の放送局で放送されていたサバイバルオーディション番組「モモランドを探して」から誕生した9人組女性グループ。2016年11月にミニアルバム「Welcome to MOMOLAND」でデビュー。

注目のアーティストとして米・ビルボードが評価しているほか、韓国でも新人アーティストとして複数の賞を受賞。グループの名の由来は、ミヒャエル・エンデの小説「モモ」に出てくる主人公「MOMO」と楽しい遊園地「LAND」を合わせた造語で、「忙しく疲れた現代人に、ときめきとリーリングを与える」という抱負が込められている。

【リリース情報】
「BBoom BBoom(プムプム)」
2018年6月13日(水)

[CD収録内容] ※全タイプ共通
1. BBoom BBoom -Japanese ver.-
2. Welcome to Momoland -Japanese ver.-
3. BBoom BBoom -Japanese ver.- (Instrumental)
4. Welcome to Momoland -Japanese ver.- (Instrumental)

〇初回限定盤A
¥1,713(+税)
MAXI+DVD
<DVD収録内容>
1. BBoom BBoom -Japanese ver. – Music Video
2. Making of Music Video(予定)
<仕様>
・イベント参加券封入(予定)

〇初回限定盤B
¥1,713(+税)
MAXI+フォトブック
<仕様>
・フォトブック付
・イベント参加券封入(予定)

〇通常盤
¥1,204(+税)
MAXI
<仕様>
・初回プレス分のみイベント参加券封入(予定)

MOMOLAND 公式ホームページ