LE SSERAFIM カズハ、メンバーたちとの初対面は超意外な方法で行われていた!「こんなことをしたガールズグループは他にない」制限が多かった当時ならではの状況に納得の声

LE SSERAFIM カズハNEWS
LE SSERAFIM カズハ

LE SSERAFIM カズハとメンバーたちが初めて対面した時のエピソードが公開された。「こんなことをしたガールズグループは他にない」とまで断言された初対面の方法とはいったいどんなものだったのだろうか。

12月15日、LE SSERAFIMはYouTubeチャンネル「Mobidic」にアップされたウェブバラエティー「ソンミのショー!タビュー」にゲスト出演した。メンバーたちは、ソンミからのインタビューに答え、デビュー前の自身の活動についてやデビューまでの経緯等について明かした。

そんな中、ソンミの注目を引いたのは、日本人メンバーカズハに関するエピソード。幼い頃からバレエに本格的に打ち込んでいたことや、オンラインオーディションを通して現在の事務所に入ることになったことなど、カズハのこれまでについて深堀りすると、ソンミはその他に例を見ない経歴に感心する様子を見せた。すると、そんなソンミに対しチェウォンから興味深い質問が投げかけられた。

動画はこちら【該当シーンは7分53秒頃~】

それは、「カズハが私たちとどうやって初対面したかわかる?」というもの。「どのガールズグループもこんなことをしたことはないと思う」と断言するほど珍しい、彼女たちの初めての出会いはなんと「ビデオ通話」

「どんなガールズグループもこんなことをしたことはない」(チェウォン)

驚きの初対面の方法とはなんと「ビデオ通話」

これを聞いたソンミは「本当に!?」とびっくり。カズハは「私が隔離をしている期間だったので、ビデオ通話で..」と、その理由を明かした。というのも、LE SSERAFIMが結成されたのは新型コロナウイルスが世界的に大流行しており、海外渡航に際して厳しい制限が多かった時期だったのだ。韓国に入国したばかりのカズハはすぐにメンバーと直接顔を合わせることができず、やむを得ずオンラインでの対面となったようだ。

また、カズハは「その時は今よりも韓国語ができなくて、全部メモに書いておいてそれを読んで、そうやって会いました」と当時の状況を振り返り、ソンミを驚かせた。

実はこの様子は、今年9月に公開されたLE SSERAFIMのドキュメンタリーで見ることができる。慣れない韓国語を熱心に読み上げるカズハを温かい眼差しで見つめ、新メンバーを寛容に受け入れうれしそうにコミュニケーションを取るメンバーたちのほほえましい交流は、ファンを感激させていた。

動画はこちら【該当シーンは9分11秒頃~】

コロナ禍ならではのユニークな方法で行われた初対面に、ファンからは納得の声が上がっている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。