振付映像までも億ビュー突破! BLACKPINK、「Don’t Know What To Do」ダンス映像が3億ビュー達成! サブタイトル曲にも熱い関心・・ YouTubeクイーンの独走がスゴすぎる

BLACKPINKNEWS
BLACKPINK

24日、YGエンターテインメントによると、BLACKPINKの「Don’t Know What To Do」振り付け映像は同日午後1時18分頃、YouTubeで再生回数3億回を超えた。2019年4月15日に公開されてから約4年1ヶ月越しの記録となる。

BLACKPINK – ‘Don’t Know What To Do’ DANCE PRACTICE VIDEO (MOVING VER.)

「Don’t Know What To Do」はBLACKPINKのEPアルバム「KILL THIS LOVE」のサブタイトル曲だ。当時、アルバムと同名のタイトル曲「Kill This Love」で強烈ながらも抑えた魅力でカリスマ性を発揮したBLACKPINKは「Don’t Know What To Do」を通して高度なダンススキルとは相反する爽やかなエネルギーがさらにグループの魅力を増したとして高評価を得た。

ミュージックビデオだけでなく、振り付け映像までもが億ビューを更新するというのはBLACKPINKならではの快挙だ。この事実はグループのパフォーマンスに向けたグローバルファンの熱い関心を実感させる。実際、YouTubeに掲載されたBLACKPINKの計41本の億ビューコンテンツのうち、3億ビューを超える振り付け映像はこれで5本目だ。

YouTubeクイーンらしく独走しているBLACKPINKだが、動画累積再生数は312億回に達し、公式YouTubeチャンネル購読者数は8850万人以上で、全世界の男女アーティストを合わせて同分野のトップを誇っている。

一方、BLACKPINKは約150万人を動員するK-POPガールズグループ最大規模のワールドツアー「BLACKPINK WORLD TOUR [BORN PINK]」を開催中。現在、盛況に展開中のアジアツアー中で6月3日(土)・4日(日)には、大阪京セラドームにて公演を行う。フランス・パリと北米4都市スタジアム公演を控えている。7月に開かれる英国音楽フェスティバル「ハイドパークブリティッシュサマータイムフェスティバル」では、K-POPアーティスト初のヘッドライナーとして舞台に上がる。

BLACKPINK WORLD TOUR [BORN PINK] JAPAN

2023年4月8日(土) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
2023年4月9日(日) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
2023年6月3日(土) 京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00
2023年6月4日(日) 京セラドーム大阪 開場14:00/開演16:00

チケット:¥15,000-(税込)
詳細はhttps://ygex.jp/blackpink/

BLACKPINK (読み:ブラックピンク)

アジアに舞い降りた”次世代ガールクラッシュ”
グループ名の「BLACKPINK」は、最も綺麗な色と表現されるピンクを少し否定する意味で、“美しいものが全てではない”という意味が込められている。またスペシャルなものの前に「BLACK」という名称がつけられるように“スペシャルな女性グループ”を意味するものでもある。

2016年8月8日に韓国でデビューショーケースを行い、同日20時に「SQUARE ONE」の収録曲「WHISLE」「BOOMBAYAH」にてデビュー。日本においては、2017年7月に新人としては異例となるデビューショーケースを日本武道館で開催し、20万件以上の申込みが殺到し、話題沸騰に。

8月に発売した、デビューミニアルバム「BLACKPINK」はオリコンアルバムランキングで1位を獲得。また多くのファッション雑誌の表紙を飾り、大手化粧品メーカーやハイブランドのイメージモデルにも抜擢されるなど新たなファッションアイコンとしても確立。

2018年6月にリリースした1st MINI ALBUM「SQUARE UP」が全世界44ヵ国のiTunesチャートで1位を獲得、タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」のMVは162日で5億回再生を突破。7月からは、自身初となるジャパンツアー「BLACKPINK AREANA TOUR 2018」を開催。その最終公演として“海外女性グループ史上初”の京セラドーム大阪での公演を実施。全3都市8公演12万5,000人の動員を記録した。

10月には、アメリカの名門レーベル「Interscope Records」と契約。グラミー賞前夜イベント「グラミー・アーティスト・ショーケース」でのパフォーマンスをはじめ、アメリカ最大級の音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル 2019」にも出演、ABCの看板番組である「Good Morning America」への出演も果たすなど、アメリカでの本格的な活動もスタート。

2019年1月から始まった自身初のワールドツアー「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」は、全世界で16ヶ国22都市30公演をSOLD OUT。

2019年4月に発売した2nd MINI ALBUM「KILL THIS LOVE」は、全世界配信後、アメリカのiTunesチャート1位を記録。韓国女性アーティストとして初の快挙を成し遂げた。タイトル曲の「Kill This Love」はMV公開後、3日間で再生回数1億回を突破し、177日後には、6億回再生を超えた。

11月にはアメリカTIME誌が選定する「TIME NEXT 100」に選ばれ、ワールドクラスのアーティストとも肩を並べる存在に。

2019年12月から2020年2月まで、「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」の日本公演となる自身初のドームツアーを開催。東京・大阪・福岡で20万5,000人を動員し、自身の記録を更新。

2020年6月に先行リリースした「How You Like That」は、発売後、iTunes世界64カ国で1位を記録し、アメリカのMTV VMAで“Song of The Summer”を受賞。同年のYouTubeが選定した“Global Top Summer Song”1位を獲得。満を持してリリースした1st FULL ALBUM「THE ALBUM」は、140万枚以上のセールスを達成し、韓国のガールズグループとして、初のミリオンを記録した。

2021年8月にリリースした「THE ALBUM -JP Ver.-」でも、オリコンアルバムランキングデイリーチャート1位を獲得し、自身初の映画「BLACKPINK THE MOVIE」は、世界100カ国で同時公開されるなど、本国デビュー5周年プロジェクト「4+1 PROJECT」においても世界中のファンを熱狂させた。

YouTubeのアーティストチャンネル登録者数は世界1位、動画総再生回数は300億回(2023年4月現在)に達するなど、まさに“ワールドクラスのガールクラッシュグループ”として快進撃を続けている。

BLACKPINK OFFICIAL

■BLACKPINK JAPAN Official Website https://ygex.jp/blackpink/
■UNIVERSAL MUSIC BLACKPINK SITE https://www.universal-music.co.jp/blackpink/
■BLACKPINK GLOBAL OFFICIAL FANCLUB BLINK MEMBERSHIP (JP)  https://blackpink-official.jp
■BLACKPINK Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UCOmHUn–16B90oW2L6FRR3A
■BLACKPINK Official Instagram @blackpinkofficial
■BLACKPINK Official Facebook Account @BLACKPINKOFFICIAL
■YG ENTERTAINMENT(Korea) Official HP http://www.ygfamily.com/index.asp?LANGDIV=J

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。