韓国で話題!【MBTI】が「ESFP」タイプのK-POPアイドル! その特徴を解説・・ Stray Kids、TWICE、IZ*ONEなど

Stray Kids チャンビン、TWICE ジヒョ、カン・ヘウォンNEWS
Stray Kids チャンビン、TWICE ジヒョ、カン・ヘウォン

最近、日本でも若者を中心に浸透しつつある「MBTI」。これは、4つの観点から人の性格を16タイプに分類する性格診断だ。韓国では数年前から話題になっており、自己紹介の際にMBTIを話すのが恒例になっているほど、広く認知されている。

MBTIとは

様々な質問に答えることによって、自分が「外向的か内向的か」「感覚的か直観的か」「思考型か感情型か」「判断型か知覚型か」を確認。それらの組み合わせによって16タイプの性格のうち、自分が一体どのようなタイプの人間なのかがわかる性格テストだ。

E:外向的 - I:内向的

Eは外の世界と触れ合うことでエネルギーを蓄える
Iは1人で時間を過ごすことでエネルギーを蓄える

S:感覚的 - N:直感的

Sはデータや数値をもとに考える
Nは想像力や勘をもとに考える

T:思考型 - F:感情型

Tは感情よりも論理を重要視する
Fは論理よりも感情を重要視する

J:判断型 - P:知覚型

Jは計画を立てて物事を進めていく
Pは即興的に物事を進めていく

ESFPとは

今回取り上げるのは16種類のうち【ESFP】というタイプ。「自由を愛するアーティスト」である彼らは、下記のような特徴を持っている。

ポジティブ優しいギャルたち🌈✨ MBTIが【ESFP】のK-POPアイドル🔍[Stray Kids/TWICE/IZ*ONE]

▼ESFPの特徴

・非常に社交的

「人と話すことが大好き!」

・自由奔放

「やりたいことをやりたいように」

・楽観的でポジティブ

「前向きに考えよう」

・大胆

「おもしろいことを思いついたらやりたくなる!」

・友好的

「人の声に耳を傾けつつ場を盛り上げる」

・適応力

「初めての場所でも自分らしくできる!」

・美的感覚に優れている

「アートやファッションで自分を表現」

・衝動的

「興味がわいたら即行動」

・計画性がない

「思い立ったらすぐ行動!」

・批判には弱い

「ダメ出しされると気にしてしまう…」

・飽き性

「満足したらもういらない」

・集中力がない

「つまらない作業は苦痛…」

ESFPのK-POPアイドル

Stray Kids チャンビン

Stray Kids チャンビン

Stray Kids チャンビン

まずは、Stray Kidsチャンビン彼は【E:外向型】の気質が強い人物だ。

MBTIの診断テストを受ける際、彼は「他人に自己紹介をすることが難しくない」「おもしろい本を読んだりゲームをするよりも、社交的な集まりが楽しい」と話している。【E:外向型】は、社交的で人とのつながりを楽しむ傾向が高いタイプ。したがって、1人で時間を過ごすよりも、外に出てみんなで活動することを好む。

SKZ x MBTI 실험실|Stray Kids 4th Anniversary Special Video for STAY

チャンビンは以前、ESFPの他に【ENFP】や【ESTP】という結果が出たことがあるそう。4つの要素に注目してみると、真ん中2つのアルファベットは変わっているが、端の【E:外向型】と【P:知覚型】は変わっていない。このことから彼はこの【E:外向型】と【P:知覚型】の気質が強いと考えられる。

【E:外向型】と【I:内向型】について語る際、【E:外向型】は、“活発で明るく元気”というイメージを、対する【I:内向型】は“物静か”というイメージを持たれることが多いが、必ずしも【E:外向型】が活発であるわけではない。【E:外向型】タイプの中には、1人で時間を過ごすことが好きな人がおり、【I:内向型】タイプの中には人と会うことが好きな人もいる。ではいったいこの2つを分ける判断基準は何なのだろうか。

それはずばり、「精神が向いている方向」だ。言い換えると、「エネルギーを充電できる場所」が自分の「外」であるか、「内」であるかの違いだ。

E:外向型 - 人と会うことでエネルギーを充電

Eの反対は…

I:内向型 - 1人の時間を過ごすことでエネルギーを充電

【E:外向型】は外からエネルギーを吸収するタイプ。活発だと言われることが多いのは、彼らが自分の周りの人々に対する関心が高いためだ。人と会うことや話すことでエネルギーを蓄えるため、傍から見ると社交的だという印象を与える。

対して、【I:内向型】は自分の内側に対する探究心が高いタイプ。自分の中で考えをふくらませているため、物静かであったり何を考えているかわからないと思われることが多い。

例えば、友人との約束が急にキャンセルになったとき。【E:外向型】はショックを受けたり、他の人と約束を取り付けるなどして、なんとか外出しようとする。これは、外との交流によってエネルギーを蓄えようとしているからだ。

一方、【I:内向型】はキャンセルの連絡が来たとしても、特にストレスを感じない。むしろ、自分の時間が増えたことを、内心よろこんでいる場合もある。もちろん友人のことは好きであるし、会いたいというのも本心だ。しかし、本来1人でいることが好きであるため、急に予定がなくなっても、「1人の時間が増えてラッキー」程度にしか思わないのだ。

TWICE ジヒョ

TWICE ジヒョ

TWICE ジヒョ

続いては、TWICEジヒョ。彼女は以前【ISFP】という結果が出たことがあるが、その後、ESFPへと変化した。MBTIテストを受ける際、彼女は「自分は集中力がない」と話している。同じ作業の繰り返しは飽き性であるESFPが苦手とすること。今回のテストでも、文を読んでそれに答えて…という作業の繰り返しに、ジヒョは集中力が途切れてしまったようだ。

TWICE TV “Finding TWICE’s MBTI” EP. JIHYO

MBTIテストの結果を見るに、ジヒョは【F:感情型】と【P:知覚型】の気質が強いようだ。ここではそのうち、【P:知覚型】について詳しく見て行こう。

P:知覚型 - 即興的で柔軟

Pの反対は…

J:判断型 - 体系的で計画的

【P:知覚型】と対になっているのは、【J:判断型】。【P:知覚型】は即興的で柔軟な性格であるのに対し、【J:判断型】は体系的で計画的な性格だ。

例えば、課題に取り組む時【P:知覚型】は強制されない限り、計画を立てない場合が多い。提出期限が迫ってから始めるため、期限ギリギリで間に合うか、間に合わないことが多い。対して【J:判断型】は自主的に前もって計画を立てる場合が多い。その計画通りにいかないこともあるが、提出期限までに終わらせることはできる。

また、家具を組み立てる際【P:知覚型】は「とりあえず組み立ててみよう」と手探りで作業を進めることが多い。わからなくなったら、その都度、説明書を確認するというスタイルだ。対して、【J:判断型】は説明書を読み、理解してからスタート。説明書の順序に沿って作っていく。

【P:知覚型】と【J:判断型】の違いが最もよく出ると言われているのが「旅行」。というのも、この2タイプは旅行の楽しみ方が全く異なるのだ。

【P:知覚型】は、即興的に自由に旅行を楽しみたいと考えるタイプ。そのため、現地で気になるお店を見つけたときは思わず入りたくなる。予定を変更してでも、「その時やりたいことをやる!」というのがこのタイプに多く見られる旅行の楽しみ方だ。

対して、【J:判断型】は前もって計画を立て、その通りに動きたいと考えるタイプだ。あらかじめ行く場所や食事する場所を調べておく場合が多い。そして、できるだけその計画通りにことを進めていこうとする。途中で予定を変更するよりも、プラン通りに進めることで満足感を得るタイプだ

もし、【P:知覚型】と【J:判断型】が一緒に旅行に行くとなると、おそらく【J:判断型】の人が立てたプランに【P:知覚型】の人が付いていく、という形になるだろう。旅先で【P:知覚型】は「予定外の場所に行きたい」と思いつくだろうが、一緒に行っている【J:判断型】が“超計画的”な性格であった場合は「予定外だからダメ」と、嫌がられてしまうかもしれない。【J:判断型】の立場からすれば、「こちらが一から予定を立てたのだからこの通りに進めたい」と思うわけだ。

【P:知覚型】は「今を楽しむことこそ至高。そのよろこびを友人と共有したい」と考えている一方で、【J:判断型】は「計画通りに進んだ完ぺきな時間こそ至高。友人にも旅を十分楽しんで満足してもらいたい」と考えている。

IZ*ONE出身 カン・ヘウォン

カン・ヘウォン

カン・ヘウォン

最後に紹介するのは、IZ*ONE出身のカン・ヘウォン彼女は【S:感覚型】の気質が強い。

2021年12月、カン・ヘウォンは自身のYouTubeチャンネルにて、チョ・ユリと共にMBTIに関する質問に答えるコンテンツを公開している。チョ・ユリのMBTIは【INTJ】。ヘウォンとはすべてのアルファベットが逆になっている、正反対の性格タイプだ。

「君は熱心じゃないのに上手だね?」へウォンESFP:…、ユリINTJ:やった! l MBTIの真逆タイプが出会ったら

【S:感覚型】の反対は【N:直観型】。【S:感覚型】はデータや経験をもとに判断する一方、【N:直感型】は想像力をもとに考え判断する。【S:感覚型】は現実的に、【N:直感型】は想像的に物事を考える。

S:感覚型 - データや経験をもとに判断

Sの反対は…

N:直感型 - 想像力をもとに判断

例えば、「何も考えないということは?」という質問に対して。【S:感覚型】のヘウォンは、「何も考えないということは、つまり何も考えないということ。ぼーっとしていること。」だと答えている。対して、【N:直感型】のユリは「何も考えなんて不可能だ」と答えている。

【N:直感型】は、常に何かしら頭の中で考えていることが多い。つまり、何も話していない時でも、頭の中では色々と考えているということだ。これは意識的に行っているわけではなく、気づいたら色んなことを考えていたという場合が多い。【N:直感型】にとって、“何も考えない”ということは非常に難しいことなのだ。

続いて、「海で泳いでいてサメに出会ったら」という質問。これに対してヘウォンは「逃げなきゃ」と即答。対して、ユリは「噛まれて死ぬよりは溺れて死んだほうがいいかな…?どっちのほうが辛くないかな…?」と、その時の心情を想像して答えている。【S:感覚型】は与えられた情報をもとに現実的な解決策を思い浮かべる一方で、【N:直感型】は情報をもとに情景を思い浮かべているのだ。

その他(少女時代、MAMAMOOなど)

上記の3人以外に、少女時代ユナMAMAMOOムンビョルなどもESFPであることがわかっている。活発で人当たりが良く、ポジティブなのがこのタイプの特徴だ。

以上、MBTIがESFPのK-POPアイドルを紹介した。社交的で前向き、明るいエネルギーを持っている彼ら。ステージの上で輝くその姿は、世界中のファンに元気を与えている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。