ZEROBASEONE ソン・ハンビンにとって「コナン」は『未来少年コナン』!? 年下パク・ゴヌクとのジェネレーションギャップにあんぐり・・「名探偵コナンじゃなくて?」

ZEROBASEONE ソン・ハンビンNEWS
ZEROBASEONE ソン・ハンビン

ZEROBASEONEソン・ハンビンが、これまでに見たことのある日本アニメについて語った。

11月19日、ZEROBASEONEは「CRUSH」のレコーディングビハインド動画を公開。動画には、レコーディングに臨むメンバーたちの姿が映されている。話題になっているのは、作業の途中で休んでいるソン・ハンビンの姿だ。ここで彼は過去に見ていたアニメ作品を明かしている。

[ZE_pisode] ZEROBASEONE (제로베이스원) ‘CRUSH (가시)’ Recording Behind

普段あまりアニメを見ないというハンビン。しかし、比較的有名で大衆的な人気を誇る作品は見ていたそう。『ポケットモンスター』『あたしンチ』の名前を挙げている。

すると、彼の近くにいたパク・ゴヌクがソン・ハンビンの話に反応。そして彼らは自分たちがしているアニメについて話しているのだが、ゴヌクが「コナン!」とキャラクターの名前を出すと、ハンビンはハッとした表情を見せている。彼は「コナン」という名前を聞いて、幼少期の思い出が蘇ったようだ。その後、「『未来少年コナン』知ってる!」とゴヌクに話している。

ところが、これを聞いたパク・ゴヌクは絶句。というのも、彼の世代では、「コナン」といえば『名探偵コナン』が主流。『未来少年コナン』は比較的年代の古い作品であるため、まさかここで名前が出てくるとは思わなかったようだ。ハンビンが『未来少年コナン』と言ったあと、ゴヌクは口を押さえながら信じられないといった様子でハンビンを凝視。一方、ハンビンも自分とゴヌクの間にジェネレーションギャップが発生していることに気がつき、ハッとしている。

ちなみに、『未来少年コナン』は1978年に放送が始まったアニメ。ソン・ハンビンは2001年生まれであるため、世代というにはあまりにも若い。むしろ、彼の両親世代が見ていたはずの作品だ。なぜ彼が「コナンといえば『未来少年コナン』」という思考に至ったのかはわからないが、彼にとって『未来少年コナン』はとても大切な作品なのだそう。「『未来少年コナン』名作なんですよ。足指で飛行機に捕まって飛んでいくの見て“僕もできるよね”って夢見てきたんです」とアニメを見ていた頃の思い出を語っている。

『未来少年コナン』を楽しんで見ていたというソン・ハンビン。2001年生まれとは思えない衝撃の発言にファンはびっくり。SNSではさまざまなコメントがアップされている。

「未来少年コナン??! いつの時代wwwww」
「20代でも知ってる人少ないんじゃない? なんで知ってるのwww」
「ゴヌクが爆笑してるwwwwwww」
「まさかそっちのコナンが出てくるとは」

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。