デビュー10年目のApink、新曲「dumhdurum」が音源チャート6冠王達成・・新たな歴史を刻む[動画あり]

デビュー10年目を迎えたアイドルグループApinkが、ミニ9thアルバムのタイトル曲「Dumhdurum」で、変わらぬ人気ぶりを見せている

4月13日、ミニアルバム「LOOK」でカムバックしたガールズグループApinkは、新型肺炎コロナウイルス(COVID-19)の影響で芸能界が厳しい時期を迎えている今、圧倒的な人気を博し注目されている。

Apink「Dumhdurum」MV

2011年4月、デビュー曲「分からない」で活動を始めたApinkは、その後、『Snow Pink』、『Secret Garden』『Pink Blossom』など多数のアルバムを発売。2014年10月には日本デビューシングル「NoNoNo」をリリース。2015年には日本3rdシングル「LUV」を公開。韓国ガールズグループとして人気を集めた。

過去10年間、Apinkは新曲を発表し、活動を続けているが、そこまで長期にわたって活動するアイドルグループは多くない。

毎年アイドルを志望する練習生は100万名。その中で、芸能事務所に所属できる練習生は2016年の韓国文化体育観光部の調査によれば1440名。芸能事務所に入所した練習生のうち、1年でデビューする練習生は4名中1人だ。

さらにそうした難関を突破し、無事デビューまでこぎ着け、一定の成功を収めたとしても、それが長く続くとは限らない。「魔の7年ジンクス」が待っているのだ。

実際、所属事務所と専属契約を7年を超えて続けるアイドルグループは少ない。7年という節目を前にして、解散や脱退、活動休止などが頻発するのは、そういった理由があるからだ。

そういう観点から見ても、10年にわたって芸能界の最前線で活動を続けるApinkは、とても貴重で奇跡的ともいえる存在だといっていいだろう。

Apinkは、BTSBLACKPINKのように全世界を股にかけて活躍するようなグローバルな人気は集めていない。しかし今回、彼女たちは9thアルバムで5つの韓国主要音源サイトで1位を獲得。2週間という短い活動期間中に、主要音楽番組で6冠王というグランドスラムを達成した。

2015年「Remember」以来、4年9ヶ月ぶりに主要音源チャートおよび音楽番組で1位を獲得したApinkは現在、第2の全盛期を迎えて、新しいガールズグループの歴史を刻んでいる。

昨年Mnetの共演音楽番組『Queendom』で、圧倒的な存在感を発揮し、新たな黄金期に突入したガールズグループたちが、今後どんな新たな姿を見せてくれるのか注目される。

K-POPアイドルのカムバックラッシュ! いよいよ音楽業界に春の活気が戻ってくるのか・・[動画あり]

2020年4月21日
Apink

Apink、1年3か月ぶりに新曲「Dumhdurum」でカムバック! いきなり韓国の主要リアルタイム・チャートを席巻・・・4年9か月ぶりの快挙

2020年4月14日
Apinkとチョロン(右)

Apink、大舞台でのパフォーマンス中にまさかの強制退場! 信じられない放送事故にメンバー唖然 …涙ながらに悔しさをにじませる姿にファンも心を痛める

2019年12月29日

AOAの「Queendom」のステージを見て泣いてしまった! Apinkのチョン・ウンジがラジオで告白

2019年12月3日
Queendom

人気ガールズグループから個性派6人が集結した「シックスパズル」が圧巻のパフォーマンスを披露! サバイバル番組「Queendom」から迫力のステージを紹介[動画あり]

2019年10月15日
AOA ソルヒョン

AOAが既存のガールズグループのイメージを打ち破る超斬新なステージを披露! ブラックスーツで男性に従属しない強い女性をアピール …新サバイバル番組「Queendom」で[動画あり]

2019年9月16日

KPOP monsterをフォロー!