BTSからIZ*ONE、NCTまで… ポストコロナ時代の新アイドル様式「UNTACT」って?

BTS(写真左上)、IZ*ONE(写真右上)、NCT 127(写真左下)、SUPER JUNIOR(写真右下)
BTS(写真左上)、IZ*ONE(写真右上)、NCT 127(写真左下)、SUPER JUNIOR(写真右下)

新型コロナウイルスの影響で世界中で大規模なライブやイベントの開催が難しくなるなか、韓国アイドル業界では新しい様式が確立されつつある

それが、「UNTACT(オンタクト)」だ。コンタクト(contact)をせず、オンラインを通して外部とつながり(on)、対面するという意味。これまで実際にファンと対面し触れ合うことを大切にしてきた韓国のアイドルたちだが、コロナ時代に合わせこの新しい様式を効果的に取り入れている。

ライブパフォーマンスの臨場感を家で体験

BTS(防弾少年団)はオンラインコンサートを最も早く行ったアイドルだ。4月18~19日の2日間行われた「BANGBANGKON」は、5059万回という驚異的な再生回数を記録。以前のコンサートとファンミーティングの映像をYouTubeにアップしただけで世界的に大きな話題となり、BTSの影響力を見せつけた。6月14日には有料のリアルタイムライブ「BANGBANGKON The Live」を開催予定だ。

一方、SMエンターテインメントは4月26日から「Beyond LIVE」を行っている。最新のAR技術と3Dグラフィックを活用した革新的なライブコンテンツだ。いままでにSuperM、WayV、NCT DREAM、NCT 127、東方神起がこの「Beyond LIVE」を開催しており、5月31日にはSUPER JUNIORも行う予定だ。抽選で選ばれたファンたちがアイドルと直接交流できることでも人気を集めている。

直接会えなくてもコミュニケーションは取れる

これまで、コンサートやファンミーティング、サイン会など、アイドルとファンのコミュニケーションの場は主にオフラインだった。この形態に取って代わりオンラインでアイドルとコミュニケーションをとることができる媒体が増えている。

SMエンターテインメントは、メンバーあたり月4500ウォン支払った登録者だけがアイドルからのメッセージを受け取ることができる「Dear You Bubble」というサービスを開始した。メールマガジンなどと違い、Kakao TalkやLINEのように1対1のトークチャット形式で表示され、よりアイドルとの距離を近く感じられるという点で人気を集めている

IZ*ONEのプライベートメールサービスも新型コロナウイルス禍でさらなる人気を集めている。

また、BTSなどが所属するBig Hitエンターテインメントや、TWICEなどが所属するJYPエンターテインメントも自社独自の既存のプラットフォームを使い活発にファンとの交流を行っている。

新型コロナウイルスの広がりは今や私たちの生活様式を変えつつある。ポストコロナと呼ばれる新しい時代にいち早く適応していくことが、今後のアイドルたちの活動の鍵となりそうだ


IZ*ONE

Pledisのハン代表、IZ*ONEの楽曲の制作者に妻の名を登録、不当に利益を取得か

2020年5月27日
TWICE

TWICE、新曲「MORE&MORE」をTikTokで先行公開へ! BTSに続くTikTok活用事例に

2020年5月27日
キム・ウソク

最強のルックスの持ち主 X1出身のキム・ウソクが「イケメンだな」と思うアイドルは誰? 世界をトリコにする“BTSのあの人”が選ばれる

2020年5月27日
BTS V(写真左)

BTS Vが「名曲」と絶賛、コラボまで申し出た新人歌手がいた! 韓国スターたちの間で大流行中のその意外な楽曲とは?

2020年5月26日
BTS(防弾少年団) V

BTS VはSNS最強王! 今年だけで5つの200万いいねを記録した唯一のスターに! 世界中のARMYから愛される、その5つの投稿の共通点とは?

2020年5月26日
NCT 127

NCT 127、正規アルバム2集の販売数が120万枚を突破! 自身初となるミリオンセラーを達成

2020年5月22日
KPOP monsterをフォロー!