BTS(防弾少年団)メンバーが全米公演で一番ビックリしたこととは・・?

BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)は、ワールドツアー中アメリカ公演で、ファンのあることにとても驚いたという。

韓国初の大人気ヒップホップグループBTS(防弾少年団)は、9月5日のロサンゼルス公演を皮切りに、全米の主要都市を回る全米ツアーを展開。全15公演をいずれも大盛況のうちに終えた。

特に全米ツアーの開始地点となったロサンゼルスでは、グラミー賞授賞式の会場として知られるステープルズ・センターにおいて、4日連続でコンサートを開催。4日ともすべてソールドアウト、超満員となり、BTS(防弾少年団)のアメリカでの人気の高さを証明した。

このロサンゼルス公演の際に、BTSは、同市内にあるグラミー博物館でのトークイベントに登場。その際に、アメリカのファンが、韓国や日本のファンと、どう違うかと質問された。

質問に答えたRMは次のように答えた。

「彼らの熱気や、エネルギーは本当にすごいです。アメリカは世界でも最も大きな音楽のマーケットを持っています。なので、オーディエンスのレベルがかなり高いです。彼らは、音楽の楽しみかたを知っています」

「大きな違いは、彼らは韓国人ではないのに、韓国語を話し、僕らの曲に合わせてすべて歌えるというところです」

BTS(防弾少年団)の曲は、英語の歌詞も混ざるが、主に韓国語で歌われている。当然、韓国語を日常的に話さないアメリカのファンにとっては、BTSの曲は外国語でありハードルが高いはずだ。にもかかわらず、コンサートで一緒に歌うファンが大勢いたということに驚きを隠せなかったようだ」

さらに、インタビュアーは世界最大の市場であり、英語が話されている米国において、観客が韓国語の曲を歌っていたことについての感想を聞くと、シュガは次のように答えた。

「正直言って、韓国にもたくさんのアメリカのポップスターが来ますが、みんなが一緒に英語の曲を歌えるわけではありません。そういう状況を見ているので、一層、僕らのファンは信じられないほど素晴らしいし、歌詞も一生懸命努力して覚えてくれているんだなと思います。とても感謝しています」


【動画】BTS(防弾少年団)インタビュー @グラミー博物館

BTS-GRAMMY Museum Full Conversation

Did you miss BTS' intimate conversation at the Museum? We’ve got you covered. Watch the band share insight on their songwriting process, musical influences, and unique relationship with fans around the world!

GRAMMY Museumさんの投稿 2018年10月23日火曜日

BTS(防弾少年団)、スティーヴ・アオキ

BTS(防弾少年団)×スティーヴ・アオキ、英語歌詞の最新コラボ曲をリリース! いきなり66か国で1位を獲得

2018年10月26日

BTS(防弾少年団)は私たちが守る! 空港でメンバーの安全を確保するためにファンが自主ルールを実行、称賛の声[動画あり]

2018年10月25日

BTS(防弾少年団)、アイドルで初の文化勲章を受賞! 「僕たちにはもったいないですが・・」

2018年10月25日
BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)、ファンへの愛を爆発させた空港ファッションが話題に! 久しぶりに韓国に帰国

2018年10月25日
BTS(防弾少年団)ジミン、ジョングク

BTS(防弾少年団)ジミン、未発表曲のデモを少しだけ公開! ファンは「ジミン版のFake Love」に大コーフン

2018年10月24日

BTS(防弾少年団)パリ公演でファンが失神! そのときジョングクが見せた対応にファン感激[動画あり]

2018年10月23日
BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)の「IDOL」を米大学マーチングバンドが演奏! 見事なダンスも披露し大歓声[動画あり]

2018年10月22日
KPOP monsterをフォロー!