SEVENTEENのファン「CARAT」には予備軍が存在した!? 一度ハマったら抜け出せない・・魅力あふれるSEVENTEENならではのファン予備軍「CUBIC」の正体とは・・

SEVENTEEN
SEVENTEEN

SEVENTEENのファンには、他のグループには見られない、少し特殊なファンの存在がいるようだ。

SEVENTEENといえば、作詞、作曲、振り付け、レコーディングなど、すべてを自分たちで行う自主制作アイドルとして有名。楽曲のプロデューシングスキルやパフォーマンススキルはK-POP界トップクラス、と業界きっての実力派アイドルだ。

そんなSEVENTEENのファンはCARAT(カラット)と呼ばれ、「セブンティーンというダイヤモンドを輝かせてくれる存在」という意味が込められている。一方で、実はSEVENTEENには、CARATではない別のファンダムもあるようだ。

それは、「CUBIC(キュービック)」。高価すぎないが見た目はダイヤモンド級であるキュービックジルコニア(人工ダイヤモンド)にかけており、ここではまだ正式なSEVENTEENのファンになっていない、“予備CARAT”のことをそう呼ぶそうだ。

CUBICのほとんどは、SEVENTEENが公式YouTubeやVLIVEチャンネルにて公開しているバラエティ番組『GOING SEVENTEEN』をよく視聴しているようで、同番組のファンであるようだ。またCUBICは、高確率でCARATへと成長。気付いたらSEVENTEENの大ファンになっているケースが多いという。

CUBICからCARATになったという人は、「数か月前から『GOING SEVENTEEN』を食事するときに見ていたけど、いつの間にか全員の名前を覚えて全員が推しになっていた。もう後戻りできない(笑)沼にハマった」とコメント。CUBICは遅かれ早かれCARATになると語っている。

卓越したパフォーマンスだけでなく、バラエティーセンスの高さも魅力の一つであるSEVENTEEN。それぞれの個性を生かし、多方面のファンを獲得しているようだ。

【動画】[GOING SEVENTEEN 2020] EP.40 돈’t Lie Ⅱ #1 (Don’t Lie Ⅱ #1)

SEVENTEEN スングァン

SEVENTEEN スングァン、なんと“パフォーマンスチームのメンバー”になったことがあった! うろ覚えの振り付けを思い出しながら一生懸命ダンス… まるでコメディのようなステージに爆笑

2020年12月13日
SEVENTEEN ジョンハン

SEVENTEEN ジョンハン、ファンから衝撃的な“キャッチフレーズ”を付けられていた! 『GOING SEVENTEEN』を見た人ならだれもが納得・・ ジョンハンの特徴を見事に表した秀逸な言葉に大爆笑

2020年12月2日
SEVENTEEN ジョンハン

SEVENTEEN、ジョンハンを巡ってケンカ勃発?! 『GOING SEVENTEEN』予告編で描かれた、想像を駆り立てるおもしろすぎる構図にファン爆笑

2020年11月25日
SEVENTEEN

SEVENTEEN、冠番組『GOING SEVENTEEN』にはある仕掛けがあった! あまり知られてこなかった秘密とは・・? クオリティの高すぎる演出にファン感心

2020年9月29日
左:SEVENTEEN 右:超難関ゲーム「Getting Over It With Bennett Fobby」に登場するキャラクター(通称:壺男)

SEVENTEENの人気バラエティ番組「GOING SEVENTEEN」で登場した超難関ゲーム 製作陣が求めていた“完成形”はこれだ

2020年9月27日
(左から)IZ*ONE、SEVENTEEN ホシ、CRAVITY ヒョンジュン

IZ*ONEの新曲「Secret Story of the Swan(幻想童話)」が、K-POPアイドルの間で流行中!? SEVENTEEN ホシ、CRAVITY ヒョンジュン、Cherry Bullet レミなどが次々カバー

2020年7月11日
KPOP monsterをフォロー!