SEVENTEENの人気バラエティ番組「GOING SEVENTEEN」で登場した超難関ゲーム 製作陣が求めていた“完成形”はこれだ

左:SEVENTEEN 右:超難関ゲーム「Getting Over It With Bennett Fobby」に登場するキャラクター(通称:壺男)
左:SEVENTEEN 右:超難関ゲーム「Getting Over It With Bennett Fobby」に登場するキャラクター(通称:壺男)

SEVENTEENの人気バラエティ番組「GOING SEVENTEEN」。8月24日、31日に公開された回は、「8月のクリスマス」をテーマに、難しいと有名なゲームにメンバーたちが挑戦するというものだった。

GOING SEVENTEEN「8月のクリスマス」前編ダイジェスト

GOING SEVENTEEN「8月のクリスマス」後編ダイジェスト

3つのグループにランダムで別れ、それぞれ用意されたゲームに挑戦するメンバーたち。結局、制限時間の3時間以内に、スタッフが課した「退勤レベル」までクリアできたのは2チームだけだった。

クリアできずに撮影終了を迎えたチームが挑戦したゲームは、一時期、世界中のゲーム実況者たちを沸かせた「Getting Over It With Bennett Fobby」というゲームだった。このゲームは、一般的なコンピューターゲームに備わっている「セーブ機能」が存在せず、失敗したらスタート地点に戻ってしまうというのが、最大の難関ポイントだ。

SEVENTEENファンの間では「あのゲームを選んだスタッフ鬼畜すぎでは」といった声がささやかれる中、あるファンによるSNSの投稿が話題となっている。


訳:3時間ってGOING SEVENTEENのスタッフたちはSEVENTEENにこういうの求めてたの

この動画は、人間だけでなくツールを使用する「TAS(Tool Assisted Speedrun)」を利用してゲームに挑戦した映像だ。

さすがに製作陣も、プロのゲーマーでもないSEVENTEENのメンバーたちにここまでの技術は求めていないだろうが、3時間でこのゲームをクリアしようと思うのは、このレベルにたどり着くのと同じぐらい難易度の高いことなのかもしれない。

この投稿を見たファンたちは

あのメンバーたちがこんなハイレベルなプレーしたら逆に笑っちゃう
これができたら1位だったのに 笑
こうやってみるとめっちゃ簡単に見える

といった反応を見せている。

「Getting Over It With Bennett Fobby」チームの終わることのなかった挑戦や、ほかのチームのゲームが何だったのか気になる人は、暇な時にぜひ「GOING SEVENTEEN」を見てみてはいかがだろうか(日本語字幕あり)。


GOING SEVENTEEN「8月のクリスマス」前編

GOING SEVENTEEN「8月のクリスマス」後編

SEVENTEEN ディノ

SEVENTEEN ディノには強力な隠れファンがいた! ファンカム動画に絶賛コメントを投稿していた意外な人物とは・・

2020年9月23日
SEVENTEEN(左からエスクプス、ジョシュア、ジョンハン)

SEVENTEENのお兄ちゃんラインはもう体力の限界・・・?! ピンチなのに休みをもらったと大喜びする姿にファンは爆笑

2020年9月19日
SEVENTEEN

SEVENTEEN、10月のカムバックに向けて準備中! 夏の音楽チャートを圧巻したSEVENTEENの新しい一面に期待

2020年9月18日
SEVENTEEN ウジ

SEVENTEENのウジは本当に作詞作曲をしているの? プロの音楽プロデューサーがウジの本当の実力を徹底分析

2020年9月16日
左:SEVENTEEN バーノン 右:バーノンが超能力を発揮するメンバー

SEVENTEEN バーノンは超能力の持ち主?! あるメンバーだけに発揮するその能力とは・・・

2020年9月16日
KPOP monsterをフォロー!