NCT テヨン、腕に刻まれたコンパスのタトゥーには深い意味があった! なぜ「北」と「南」だけ・・? 知ってナットク&感心のステキな理由とは?

NCT テヨンNEWS
NCT テヨン

NCT 127のリーダー テヨンが体に刻まれているタトゥーの意味を明かした。

NCT 127のリーダー テヨンは、3月24日、自身のインスタグラム(@taeoxo_nct)を通じて生配信を実施。そこでテヨンは体に5つ入っているというタトゥーのデザインの意味について語った。

テヨンによると、彼が入れているタトゥーのデザインの内4つは、Novoというアーティストの作品なのだという。左腕に入っている愛犬 ルビーのタトゥーだけ姉のデザインだそうだ。

▼Novoの展示会を訪れたテヨン

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAEYONG 태용(@taeoxo_nct)がシェアした投稿

なかでも特にファンの興味を引いたのは、テヨンの右腕にあるコンパス(方位磁針)のタトゥー。普通コンパスといえば、上から時計回りに「N、E、S、W」と全方位が記されているデザインが多い。一方、テヨンのタトゥーは北と南にだけ印が付いている。

実はこれは“北(North)がNCT、南(South)がSuperM”を表しているというのだ。

テヨンのNCTとSuperMに対する深い愛情が伝わるタトゥーのデザインにファンは感嘆。テヨンのクリエイティブな思考と、そこに隠された深い意味に「すばらしい!」と称賛のコメントが寄せられている。

なお、テヨンはこの日に自身のインスタグラム名を「@eh_ovo_nct」から「@taeoxo_nct」に変更。元のユーザーネームが個性的だったためファンが探しにくいと思い、変えたことを報告した。どこまでもファン想いなテヨンのやさしさに脱帽だ。

【動画】SuperM 슈퍼엠 ‘100’ MV Reaction


KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。