BTS V、だれよりも全力でJ-HOPEをサポート! どこからかネックピローを持ってきて… 彼をぐいっと引き寄せて守ってあげるVの優しさと行動力に感動

(左)BTS V(右)J-HOPENEWS
(左)BTS V(右)J-HOPE

BTS(防弾少年団)Vが、同じくメンバー・J-HOPEをだれよりも気づかう姿を見せた。さりげなくも愛にあふれたその行動に、ファンは感動している。

3月19日、指のケガから回復中のジンをのぞく6人でライブ配信をおこなったBTS。和気あいあいとトークで盛り上がるメンバーたちの中、ファンはしきりに首を気にする様子を見せたJ-HOPEと、そんなJ-HOPEの後ろでソファに座っていたVに注目した。

メンバーたちと楽しそうに会話しながら、首がよほど凝っていたのか、マッサージするように何度も首に手を当てていたJ-HOPE。Vの隣に座っていたジミンは、そんなJ-HOPEの首をそっと触ると、「首に力がいっぱい入ってる」とコメント。J-HOPEの違和感に気づいたようだった。

すると次の瞬間、Vはどこからかネックピローを持ってくると、それを自分の膝に置き、J-HOPEをぐっと自分のほうに引き寄せた。なんとVは、J-HOPEが自分にもたれ掛かったとき、ちょうど首に当たる部分にネックピローをセット。まるで自分が快適な背もたれになってあげるかのように、J-HOPEの負担を解消してあげたのだ。これにはJ-HOPEも「oh yes!」と感嘆の声を上げ、遠慮なくVに寄り掛かる姿を見せた。

さらにVはその前にも、J-HOPEの肩に手を置くと、そこを優しくマッサージしてあげていた。J-HOPEの肩や首に負担が来ていることに気づいていたのか、ていねいな肩もみまで添えてサポートしてあげていたのだ。

짜잔! BTS!!(該当シーンは26分47秒頃~、35分45秒頃~)

多忙なスケジュールの中でも、いつもお互いの安全や健康を気にかけ合っているBTS。J-HOPEの負担に気づくや、真っ先にネックピローを持ってきたVの行動に、ファンは「さすがだ…」「Vは本当に優しい」「素敵な関係」と感動している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。