「なんでこの曲が!?」 放送禁止判定を受けたK-POPソング12選! BTSにNCTの楽曲も・・ 歌詞が下品、ブランド名を言及.. その理由に驚き

BTS(防弾少年団)(上段)、NCT 127(下段)
BTS(防弾少年団)(上段)、NCT 127(下段)

韓国の厳しい放送判定に引っ掛かり、テレビでの放送が禁止されてしまったK-POP曲は意外に多い。そんな曲をK-POPメディア Koreabooがまとめている。「なんでこの曲が!?」という曲も多いため、軽い解説と共に以下で放送禁止判定を受けた曲をまとめていく。

※歌詞が原因で放送禁止判定を受けた曲は、一時的に歌詞を変更したりモザイク音を挿入することで番組への出演を可能にさせる場合が多い。

Go Go / BTS(防弾少年団)

スラングの使用と一部の歌詞が「下品だ」という理由で放送禁止判定を受けた。

BOOMBAYAH / BLACKPINK

「Middle fingers up(中指を上げて)」という歌詞と、アルコールブランドに言及した歌詞が原因で放送禁止判定を受けた。

Cherry Bomb / NCT 127

歌詞が暴力的だという理由で放送禁止判定を受けた。モザイク音を入れて対応した。

Like That / CLC

歌詞が扇情的だという理由でいくつかの放送局で放送禁止判定を受けた。

Mirotic / 東方神起

「Under my skin」等、いくつかの歌詞が不適切と判断され、放送禁止判定を受けた。音楽番組では「Under my sky」に歌詞を変更してパフォーマンスしたことも.. 現在は判定が取り消され、元の歌詞で歌えるようになっている。

LOTTO / EXO

タイトルがブランド名であるためいくつかの放送局で放送禁止判定を受けた。放送禁止の放送局の音楽番組に出演する際は曲名と歌詞を「LOUDER」に変更して活動した。

Born Singer / BTS

冒とく的で下品な言葉を含んでいると判断され、KBSでは放送禁止判定を受けた。

EVERYDAY / WINNER

歌詞に「Lotto」というブランド名が入っているため放送禁止判定を受けた。

HOLUP! / BOBBY(iKON)

冒とく、ブランド名の使用、不適切な歌詞など、さまざまな理由で放送禁止判定を受けた。

Sixteen / Samuel

歌詞にブランド名が入っているため放送禁止判定を受けた。

FXXK IT / BIGBANG

タイトル、歌詞共にかなり過激であるため、放送禁止判定を受けた。

DOPE / BTS

歌詞の一部が「下品だ」という判断が下され、放送禁止判定を受けた。

特にヒップホップジャンルでは過激な歌詞になることが多いため、BTS等は数多くの放送禁止判定を受けてきた。放送倫理を守るためには仕方ないことだが、歌詞が変更されているのを見ると大きな違和感を感じてしまう。

Red Velvet スルギ(左)、OH MY GIRL ヒョジョン(右)

来年30歳を迎えるガールズアイドルまとめ! Red Velvet、OH MY GIRL.. あの子がもう30なの!? 驚きの豪華な顔ぶれに注目

2022年6月27日
Kep1er、TWICE ナヨン

Kep1er、aespa、TWICE ナヨン・・ この夏はガールズグループがアツすぎる! 6〜7月のカムバックアーティスト(女性)総まとめ

2022年6月19日
(G)I-DLE

(G)I-DLE「TOMBOY」の放送禁止Fワードを観客が大熱唱! ソヨンが表したかった世界観はまさにこれ・・!? コロナ前を彷彿とさせる盛り上がりに大興奮

2022年5月17日
BTOB

BTOBは「エンディング妖精」ならぬ「エンディングヴィラン」!? あまりの全力さにカメラマンもヒヤヒヤ・・ 期待を裏切らないBTOBのパフォーマンスがおもしろすぎる【爆笑のエンディングヴィランまとめ有】

2022年3月13日
BTS(防弾少年団)(左)、軍服を着たSHINee キー(右)

K-POPアイドル、推しの入隊はいつ? 入隊時期をまとめた一覧が話題に! BTS、SEVENTEEN、NCTまで例外はなしの兵役… 入隊秒読みのアイドルも

2022年1月21日
KPOP monsterをフォロー!