BTS V、運転中なのに○○が痛すぎる! ドライブを楽しむ彼を襲った予想外の悲劇がつらすぎる… 「みなさんはやらないでください」とファンに注意するほどのアクシデントとは…?

BTS VNEWS
BTS V

BTS(防弾少年団)Vが、運転中まさかの悲劇に襲われてしまった。彼がファンに「運転するときにはやらないで」と注意を促したこととは、一体なんだったのだろうか。

多くのアイドルたちの憧れとなる美貌やカリスマあふれる佇まいはもちろんのこと、どんなことにもアイデアたっぷりに取り組む創造力や表現力の持ち主でもあるV。そんな彼が、楽しいドライブの最中、ある思いがけない悲劇に見舞われてしまった。

7月9日、BTSの公式YouTubeチャンネルに自身のVLOGを公開したV。1時間近くにもわたるその映像には、「BANGTAN BOMB」の監督と「Run BTS!」の監督を車に乗せ、運転を担当しながらドライブを楽しむVの姿が。スタッフのために食事やおやつまで奢る彼の太っ腹な行動にも、ファンは癒された。

するとそんなドライブの最中、Vがとつぜんある告白をした。「トリビアなんですが…」とどこか神妙な面持ちで口を開いたV。するとVは、続けて「後ろのポケットに財布を入れているので、右のお尻のバランスが合っていません」と予想だにしなかった現状を打ち明けた。さらには「みなさん、長く運転する際は、後ろのポケットに財布を入れないでください。痛いから…」と切なく告げ、ファンに向かって注意喚起。まだまだ運転をしなければならないにもかかわらず、後ろのポケットに入れた財布のせいで抑えきれない痛みに襲われていることを明かしたのだ。

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

[BTS VLOG] V l DRIVE VLOG(該当シーンは34分30秒頃~)

そんな現状を感じさせないほどクールな表情で運転しながらも、その裏でお尻の痛みに苦しめられていたというV。愛らしいVの告白には、同乗しているスタッフも思わず声をあげて笑ってしまった。自身の経験を活かし、ファンに「痛いから運転するときは後ろのポケットに財布を入れないで」と注意を促す彼の様子に、ファンは「とんだ災難だったねw」「何を言うのかと思ったらかわいすぎるw」とほっこりしている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。