SEVENTEEN ホシにとってLE SSERAFIM ウンチェは姪っ子のような存在?! ピンチに陥った彼女を助けるべく奔走・・ 2人が「10歳差」であることが実感できるやりとりに大爆笑

(左)SEVENTEEN ホシ(右)LE SSERAFIM ウンチェNEWS
(左)SEVENTEEN ホシ(右)LE SSERAFIM ウンチェ

SEVENTEENのホシ(クォン・スニョン)が、LE SSERAFIMのウンチェ(ホン・ウンチェ)を助けるため奔走する様子が話題に。2人のやりとりに注目が集まっている。

7月15日、YouTubeチャンネル「チャンネル十五夜」はHYBEとのコラボ動画を公開。この動画には、HYBEに所属するアーティスト全36名(歌手イ・ヒョン、NU’EST出身 ベクホ&ミニョン、SEVENTEEN、fromis_9、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN、LE SSERAFIM)が、様々なスポーツゲームに挑戦する様子が映されている。

🧳EP.1-3 | 体力と知力が重要な(?) 2つ目のゲームの大逆転 | 🧳出張十五夜2xハイブ

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

ホシがウンチェと話しているのは、ウンチェがグループ対抗借り物競争に参加していたときのことだ。この競技はトラックの中間地点においてある紙を拾い、そこに書いてある条件に該当する人物を連れてゴールに向かうというもの。例えば、紙に「親と今から電話して方言だけで会話ができる人」と書かれていた場合、走者は地方出身の人物を連れてゴールに向かわなければならない。競技で勝つためには条件に該当する人物をいかに早く探すかがカギとなる

借り物競争参加者たち

借り物競争参加者たち

走るウンチェ

走るウンチェ

今回、ウンチェが拾った紙には「チェギ蹴りを10回以上できる人」と書かれていた。チェギ蹴りとは韓国の伝統的な遊び。羽子板の羽のような形をしたおもちゃを足で蹴るスポーツだ。ウンチェはこのチェギ蹴りが得意な人物を探し、会場を駆け回っている。

紙を読むウンチェ

紙を読むウンチェ(右)

彼女が目星をつけたのは、アイドル界の中でもバラエティーに強いことで知られているSEVENTEENだ。チェギ蹴りはバラエティー番組でよく行われる遊びであるため、彼女はSEVENTEENのメンバーを選ぶのが良いと考えたようだ。

ウンチェを助けるホシ

ウンチェを助けるホシ

ウンチェを助けるホシ

ウンチェを助けるホシ

一方、ウンチェが駆け寄ってくるのを見たSEVENTEENメンバーたちは大慌て。「なんだなんだ!」と声をあげながらウンチェを迎えている。そんな中、積極的にウンチェを助けたのがホシだ。彼はウンチェが持っている紙を見ると、チェギ蹴りがミッションであることを確認。ところが、本人はこのスポーツが苦手なようで「僕はできないんだけど!?」とパニックに。他のメンバーを推して、ウンチェが少しでも早くゴールに向かえるよう全力で助けている。

ウンチェを助けるホシ

ウンチェを助けるホシ

ところが、この様子を見たSEVENTEENファンたちの間では、この光景がまるで叔父と姪っ子のようだと話題に。ホシとウンチェは10歳年が離れているのだが、そんな2人の年の差が感じられるやりとりに笑わされているようだ。

ホシがあたふたしながら助けてる姿が久しぶりに姪っ子に会った叔父さんみたい

結局、このあとウンチェはディエイト(ソ・ミョンホ)を連れてゴールに向かったのだが、結果は最下位に。ホシの応援もむなしく競技に勝つことはできなかった。ちなみに、バラエティーが得意という理由で選ばれたSEVENTEENだったが、じつはこの日参加しているメンバーは全員チェギ蹴りが苦手。仮に1位でゴールしたとしてもミッションに成功することは難しかったと予想される。

ミンギュ「チェギ蹴り10回絶対無理」

ミンギュ「チェギ蹴り10回絶対無理」

ゲームが苦手なメンバーたち

ゲームが苦手なメンバーたち

ウンチェとホシのドタバタな会話にファンは大爆笑。かわいらしい彼らの姿にほっこりしているようだ。

「ウンチェちゃん、バラエティーが得意だからと選んでくれたSEVENTEENですが、ここにいるメンバーはみんなゲームに弱い人たちなんです…www」
「10歳差だったら本当に姪と叔父だね」
「すごく助けてあげたいけどチェギ蹴りできるメンバーがいなくて困るホシwwww」
「ウンチェちゃん2006年生まれなのか…SEVENTEENからしたら赤ちゃんだね…」
「姪と叔父wwwwwwもうそれにしか見えないwwww」

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。