Stray Kids ヒョンジン、ツアー中に満身創痍に・・「体が壊れそうなほど痛い」どんなに苦しくても毎回狂ったように踊り、自身の限界を突破する理由とは? その精神はまさにアーティストの鑑

Stray Kids ヒョンジンNEWS
Stray Kids ヒョンジン

Stray Kids ヒョンジンの身体が悲鳴を上げた。それでも狂ったようにパフォーマンスに全力を注ぐ理由がさすがだと称賛の声があがっている。

Stray Kidsは今年、2ndワールドツアー「MANIAC」を開催。韓国、日本に加え北米8都市で公演を行った。メンバーたちは全身全霊でパフォーマンスに挑み、ファンを沸かせた。

そんなツアー真っただ中の7月13日、ヒョンジンは右手をドアにぶつけて負傷、パフォーマンスが一部制限されるという事態に襲われた。そんな中でもできる範囲のパフォーマンスに全力を尽くし、公演後にはファンから称賛の声が上がった。

しかしヒョンジンは、ツアー中になんと手の負傷のみならず全身にまで痛みを感じたという。極限まで自身の身体を追い詰めてツアーに臨んだ彼のパフォーマンスに対する情熱がよくわかるシーンが捉えられた。

最近Stray Kids公式YouTubeチャンネルにアップされた動画「Stray Kids : SKZ-TALKER GO! Season 3」では、オークランド公演とシアトル公演でのメンバーたちの様子が映された。

動画はこちら【該当シーンは1分42秒頃~】

滞在先のホテルの部屋でリラックスしている様子のヒョンジンは、ツアーの裏側を語った。なんとヒョンジン、公演の翌日の朝、全身に体が壊れるかと思うほどの痛みを感じたというのだ。「実は、その翌日が今日なんです」と明かしたヒョンジンは、腕を押さえながらあきれたように笑った。どうやら全身にひどい筋肉痛を感じているようだ。

公演の翌日の朝、体が壊れるかのような痛みを全身に感じたというヒョンジン

ヒョンジンは、ここまで満身創痍になってしまった経緯を語った。「最近は本当に狂ったみたいです」「いつも自分の限界を突破して…」と、公演中の自分が今まで以上に全力であることがこの激しい筋肉痛の理由だという。『God’s Menu』を踊り切った際には、息ができなくなってしまったほどだったという。

公演中、『God’s Menu』を踊り切った後に息ができなくなってしまったという

しかし、そのような身体的苦痛を感じても、STAY(Stray Kids)のうわあ~、という見惚れたような表情を見ると快感すら感じるというヒョンジン。まさにアーティストの鑑と言える彼のプロフェッショナルな精神に、称賛の声が上がっている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。