BTS ジン、ARMYのために入隊の時期を変更!「本当は夏に行きたかったけど・・」ファンの気持ちを最優先した彼の選択に感動

BTS ジンNEWS
BTS ジン

BTS(防弾少年団)のジン(キム・ソクジン)が、ファンであるARMYのために軍隊に入隊する時期を変更していたことが明らかに。軍隊に関するビハインドエピソードに注目が集まっている。

10月28日、ジンはWeverse LIVEにてライブ配信を実施。この配信はソロ曲『The Astronaut』の発売を記念して行われたものだ。同日、BTSが所属するHYBEレーベルのYouTubeチャンネルでは『The Astronaut』のMVが公開されている。

진 (Jin) ‘The Astronaut’ Official MV

ジンはこのライブ配信の中で「兵役」について話している。BTSは10月17日、初めてメンバーの兵役に関する公式声明を発表した。その内容は最年長メンバーであるジンから順に入隊するというもので、2025年に再び7人全員でのグループ活動を再開させることをめどに計画を立てているという。

そんな中、ジンは入隊する時期を決めた際のビハインドを明かしている。なんと、彼は入隊の時期をファンのために変更していたのだという。もともと、彼が入隊しようとしていた時期は夏前の6月だったとのこと。彼は寒い時期に入隊するのが嫌だったそうで、夏に入隊したいと事務所にも意思を伝えていたそうだ。

これを受けて事務所側も、当初は彼の意見を反映したスケジュールを組んでいたとのこと。ところが「WORLD EXPO 2030 BUSAN KOREA CONCERT BTS <Yet To Come> in BUSAN」の公演の実施が決まったことで計画は大きく変更。ジンは究極の選択を迫られることになったという。というのも、この公演は10月開催のイベントであるため、彼がこの公演に出席するには入隊時期を冬にずらす必要があったのだ。これを受けて、BTSのメンバーたちはジンの入隊時期を遅らせるかどうかについて話し合ったという。

ジンいわく、この話し合いではメンバー間で意見が大きく分かれたそう。ジンは予定通り入隊をしたいと考えていたのに対して、他のメンバーたちは入隊時期を遅らせるべきだと考えていたそうだ。ジンは夏の入隊を強く望んでおり、当初は計画通り入隊し、イベントには欠席しようと考えていたそう。しかし、彼はメンバーから言われたある言葉を聞いて、意見を変えたのだそうだ。その言葉とは「ファンへの礼儀」という言葉。彼はメンバーたちから、公演に出席することはファンへの礼儀だと説得されたそう。それを聞き、彼はファンへの礼儀と義理を守るために入隊時期を遅らせる決断をしたそうだ。

ARMYへの礼儀を守るため入隊の時期を変更したというビハインドエピソードに、ファンはビックリ。どこまでもARMY思いな彼の決断に感動しているようだ。

「6月に行く予定だったのに10月まで待ってくれたんだTTTT ほんとうにありがとうTTTT」
「夏に行きたかったのか…TT ARMYのために変えてくれたんだねTTT」
「私たちのことを考えてくれてありがとうTTTT」

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。