「2022 MAMA AWARDS」、ツイッターによる投票は除外へ・・ 本投票を前に審査基準の変更を発表

「2022 MAMA AWARDS」NEWS
「2022 MAMA AWARDS」

「2022 MAMA AWARDS」が、ファン投票にツイッターからの投票を除外する方針を発表した。

毎年、年末に開催される世界最大級のK-POP授賞式『2022 MAMA AWARDS』。今年は11月29日、30日の2日間、日本の大阪で開催されることもあり、日本のK-POPファンから大きな注目を集めている。

特に「MAMA」では、毎年、ファンの投票によって受賞者が決まる「Worldwide Fans’ Choice」「Worldwide Icon of the Year」の2部門が注目を集めている。この部門は、公式サイトでの投票などに加え、ハッシュタグを使ってツイッターからも投票できるため、自分の応援するグループ/歌手に賞をプレゼントしようと、毎年、多くのファンが積極的に投票に参加している。

しかし、その事前投票の段階で、一部アーティストの中間結果が全く同じになったり、投票数の推移が似ていたりするなど不自然な点が見られ、不正投票疑惑が浮上。これに対しMAMA側は、すぐに公式コメントを発表し、「モニタリング過程で不正投票だと思われるデータは、最終集計から除外処理する予定だ」と述べ、公正な投票が行われるように努めるとの意思を表した。

さらにMAMA側は11月9日、ツイッター社内部の変更により、ツイッターでの投票データの集計が不可能になり、今回の投票結果から除外されることを発表した。これにより、生放送中を含むツイッターでの投票は、すべて集計結果に含まれず、審査基準は「Mnet Plus投票が50%、Spotify投票が30%、そしてミュージックビデオが10%」に変更された。

▼変更内容

これを受け、MAMA側は「候補選定投票の段階においてTwitter投票を通じて伝えてくださったグローバルK-POPファンの方々の声を反映できなくなり、誠に申し訳ございません」と謝罪。そして、引き続き公正な投票が行われるよう、努めていくことを伝えた。

「Worldwide Fans’ Choice」の事前投票は、11月4日に終了。「Worldwide Fans’ Choice」のトップ10を選定する本投票は、本日11月10日19時から、11月24日23時59分まで受け付けている。


K-POPの最新ニュースはこちらから↓↓

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。