BTS V、メンバーから一斉に怒られまくる! 失礼な発言に、シュガは「出ていけ」とキッパリ… いったい何があったの!? 最後に待ち受けた予想外の展開まで面白すぎるとファン爆笑

BTS VNEWS
BTS V

BTS(防弾少年団)Vが、メンバーから一斉に批判されてしまった。「出ていけ」と言われるほど彼がメンバーたちを怒らせた原因とは、いったい何だったのだろうか。

11月23日に公開されたバラエティコンテンツ「Run BTS! 2022 Special Episode – ‘RUN BTS TV’ On-air Part 1」で、配信者の仕事に挑戦したBTS。メンバーたちは1人ずつ配信者になりきると、好きなテーマで配信を実施。トップバッターを務めたジョングクは、大好きなドラムをメインコンテンツに、ドラマー パク・ヨンジン氏をゲストに招き、プロからドラムを習う様子を大公開した。

そんなジョングクの配信中、Vが思いがけずメンバーから怒られてしまった。それは、あまりにもドラムに集中しすぎてチャットを見ないジョングクに対し、メンバーたちが「コメントを読んで」と不満を訴えていたときのことだ。

とつぜん急いで何かをタイピングし、「Boogie Drum(パク・ヨンジン氏のチャンネル名)さん」とパク・ヨンジン氏にチャットを通じて呼びかけたV。どうやらVは、パク・ヨンジン氏が過去に、韓国のバンドオーディション番組「スーパーバンド」に出演していたかどうか確かめたかったよう。Vはすばやくタイピングすると、「Boogie Drumさん、もしかして『スーパーバンド』に出演されてましたか?」と質問した。

BANGTANTV / YouTube

しかしそんなVの質問に、パク・ヨンジン氏はどこか気まずそうに「『スーパーバンド』に出演してた僕は、僕じゃないということで…」と返答。するとメンバーたちは、Vの推測が完全に勘違いであるかのようなパク・ヨンジン氏の回答に、たちまち「うわぁ~」と大あわて。「ゲストとしてお迎えしたのに何を言ってんの!?」「出ていけキム・テヒョン(Vの本名)」「変なこと言わないでよ!」と口々に声を上げ、Vの失礼を一斉に批判したのだ。

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

するとパク・ヨンジン氏は、そんな自身の答えに「その当時は髪も長かったし、今よりもっと太っていたので、僕じゃないということで」と補足。Vが言った通り、パク・ヨンジン氏が「スーパーバンド」に出演していたのは間違いなく事実であったことが明らかになったのだ。

パク・ヨンジン氏の「『スーパーバンド』に出演してた僕は、僕じゃないということで…」という言葉は、番組に出演していなかったということではなく、当時の自分が消したい過去であるという意味だったよう。すると次の瞬間、メンバーたちは「あぁ~!」とパク・ヨンジン氏の言葉の意味を把握し、落ち込んでいたVはたちまちテンションマックスになり、「ほら~!!」と大喜び。さらにはメンバーたちの対応も手のひら返しに良くなり、ジンはVを「よく気づいたね!」とほめたたえたのだ。

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

Run BTS! 2022 Special Episode – ‘RUN BTS TV’ On-air Part 1(該当シーンは11分22秒頃~)

自身の記憶を確かめるやいなや、メンバーたちから一斉に「出ていけ」「変なこと言わないで!」と批判されてしまったV。結局Vの推測が正しかったものの、ゲストに失礼を働くことは絶対に許さないメンバーたちのリアクションが面白すぎると、ファンは爆笑している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。