MAMAMOO、約3年ぶりの来日公演で“見たことのない”圧巻のステージを披露! 日本のムムとの再会を喜び合う・・・「MAMAMOOは続くからなー!」力強い約束にファン感動

MAMAMOO:写真提供RBW JAPAN
MAMAMOO:写真提供RBW JAPAN

「ガールクラッシュ」を代表する最強ガールズグループ、MAMAMOO。爆発的な歌唱力と卓越したラップ、キレのあるパフォーマンスで人気の彼女たちが、ついに3年3ヵ月ぶりに来日。先月11日に発売されたばかりのミニアルバム『MIC ON』を引っさげ、ワールドツアーを敢行。千葉県の幕張メッセ11月26日(土)・27日(日)の2日間にわたり「2022 MAMAMOO CONCERT ‘MY-CON’ – JAPAN」を行った。ここでは、初日26日の公演の模様をレポートする。

MAMAMOO

MAMAMOO、待望の来日公演「MAMAMOO WORLD TOUR <MY CON> – JAPAN」が開催決定! 爆発的な歌唱力と派手なパフォーマンスで愛される彼女たちのコンサートに期待高まる

2022年10月17日

https://twitter.com/mamamoo_japan/status/1580861065583161345?s=20&t=FEsWjZmtN6dSKm3VJlcJRw

3年ぶりのMAMAMOO日本降臨! ワールドツアーのタイトルの意味は…ダジャレ?

彼女たちの登場を今か今かと待つファン達の前に、白のブラウスと黒のパンツに身を包んだMAMAMOOが現われた。オーディエンスから漏れる歓声と共に、アルバム『MIC ON』収録曲である『1,2,3 Eoi!』を熱唱。メンバーのSolarが日本語で「私が一番好きなのはナニ~?」と観客をあおると、またも歓声が響いた。続いて、デビュー曲である『Mr. Ambiguous』を披露。またもSolarの「私に興味ある?」という言葉に、「キャーーー!」という声が漏れていた。この2曲は共に歌詞に「MAMAMOO」という言葉が入っており、まさにイントロにふさわしい選曲だ。

Solar:写真提供RBW JAPAN

Solar:写真提供RBW JAPAN

最初の2曲でさっそく観客の心を掴んだMAMAMOOは、Moon Byul、Solar、Whee InHwa Saの順に、それぞれ日本語で自己紹介。「3年3ヵ月と13日ぶりに日本の皆さんに会いにやって来ました!」「日本の皆さん、お元気でしたか~?」というMoon ByulやSolarの言葉に割れんばかりの拍手が起こった。「皆さんに会えない期間があまりにも長かったので、忘れられたらどうしようと心配していましたが、こんなにもたくさんの方々が会場を埋めてくださるなんて想像もしていませんでした!」と、集まったファンに感謝を述べるHwa Sa。「マスクをしているとはいえ、元気なムム(MAMAMOOのファン名)の姿を見れて嬉しい」と、久しぶりの再会を喜ぶMAMAMOOとファンたち。

さらに、Moon Byulが、本ワールドツアーのタイトルの意味を解説。「『MY-CON』は皆さんと私たち、みんなのコンサートだ」という意味、最新ミニアルバムの『MIC ON』は、“マイクをつけたMAMAMOOが仕事に戻ってくる”という意味が込められており、「MIC ON」を何度も繰り返し唱えると…「MIC ON…MIC ON…MICON…MY-CON」だと説明した。これにはファンも思わず笑顔に。

Moon Byul:写真提供RBW JAPAN

Moon Byul:写真提供RBW JAPAN

MAMAMOO名物「大根ウェーブ」! 自由なSolarはMCそっちのけで扇風機へ

そんなMCで最初のあいさつを済ませたあと、ヒット曲メドレーに入った。『Um Oh Ah Yeh + Freakin Shoes + NEW YORK + Dingga』を立て続けに披露すると、日本語で「拍手~~!」と観客を盛り上げながら、『Emotion + Funky Boy + You’re the best』を熱唱。ダンサーたちと息の合ったステージを見せる。

▼MAMAMOO「Dingga」MV

7曲のメドレーを終えたあと、「私たちデビュー9年目になりますが、こうやって皆さんに愛されていることが嬉しく思います」と、Moon Byul。そんな真面目な話の横で、Solarは立て続けのメドレーで暑くなったのか、扇風機の風に当たりにいき、ファンから笑い声が漏れていた。なぜか「扇風機すご~い」と日本語で盛り上がるメンバーたち。

しかし当のSolarはすぐに「皆さんどうでしたか?」とMCを立て直す。ファンからの割れんばかりの拍手のあと、Whee Inが「皆さんとやりたいことがある」と、オーディエンスに呼びかけた。それは、무봉(ムボン)と呼ばれるMAMAMOOの公式ペンライトでのウェーブだ。「무(ム)」は韓国語で「大根」という意味で、ペンライトはその名の通り大根の形と色をしている。メンバーの掛け声と共に、会場では一斉にMAMAMOOコンサートの名物である“大根ウェーブ”が巻き起こった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

마마무 (MAMAMOO)(@mamamoo_official)がシェアした投稿

続いて、男性ダンサー達のダンスブレイクをイントロに、『AYA』を妖艶なパフォーマンスで披露。続いて「One Two Three」というHwa Saの歌声と共に、新曲『ILLELLA』を熱唱。「ILLELLA-LALLA 해 yeah!」と力強く締めくくると、またも割れんばかりの拍手が巻き起こった。

▼MAMAMOO「ILLELLA」MV

「見たことのないステージをお見せします!」 まさかのソロ曲シャッフルに会場が沸いた

一旦VCRをはさんだあと、鮮やかな赤のジャンプスーツに着替えたメンバーが登場。VCRのストーリーになぞらえて、背の順に並ぶMAMAMOO。「私の方が高いんじゃない?」と言い争い(?)ながら『Taller than You』をパフォーマンス。そのまま『mumumumuch』を披露しながら、日本語で「ムムたち愛してるよー!」と、愛おしそうにファンを見つめていた。

Whee In:写真提供RBW JAPAN

Whee In:写真提供RBW JAPAN

そして、ここで先ほどのVCRのネタあかしが。VCRの内容は、MAMAMOOのメンバーが「ちびっ子妖精」に扮したアニメの第3話。実はストーリーをSolarが書いたという。少しホラーチックな内容だっただけに「皆さん、怖かったですか?」とSolarがニンマリ笑った。すかさずWhee Inが「第4話も期待していい?」と質問。Solarが「日本のムムのためなら…冗談です」と笑うと、またもWhee Inが「(キャラクターの)ムム神様をもっと出して欲しい!」とリクエスト。Solarが「では、ムム神様と話をしてみましょうか?」と、謎の交信(?)をはじめた。それを見ていたメンバーたちは「怖い…」と苦笑い。「次は、ムム神様を主役に書こうと思います!」と言うSolar。一体、次回作はどうなるのだろうか?

続いて、Hwa Saが「皆さんに、見たことのないステージをお見せします」と次のソロステージを予告。Solarが青い衣装で登場すると、Whee Inのソロアルバムのタイトル曲『Water Color』を熱唱。その後も、メンバー達が次々に各自のソロ曲のカバーを披露していく。黒い軍服でステージに上がったHwa SaはMoon Byulのソロ曲『Eclipse』を披露。マンネ(末っ子)とは思えないカリスマ性を爆発させた。全身黄色のかわいらしい衣装で登場したWhee InはSolarの『HONEY』を軽やかに披露。最後に、ラメのセクシーな衣装で表れたMoon ByulはHwa Saの『TWIT』を歌いあげる。まるで自分の持ち歌かのように、それぞれの持ち味を活かしたカバーとなった。

▼Sola「HONEY」MV

さらにソロ曲の披露は続き、なんとMAMAMOOのメンバー全員で各自のソロ4曲をカバー。Solarの『Spit it out』、Whee Inの『Make me happy』、Moon Byulの『LUNATIC』、Hwa Saの『Maria』を、4人がコンサートならではの特別なアレンジで歌いあげていった。

大きな声が出せるようになったら…ファンからのサプライズに感動

2回目のVRCをはさんだあと、青のセットアップに着替えたMAMAMOOが『Paint Me』を歌いあげる。続いてMoon Byulの圧巻のアカペララップをイントロに『I Love Too』をしっとりと歌いあげる。ガールズクラッシュならではのパワフルさに注目されがちな彼女たちだが、その歌唱力は折り紙つき。デビュー当時から「新人らしからぬ新人」と評された実力を惜しみなく披露し、会場がその歌声に酔いしれる。

次の『Star Wind Flower Sun』に入ると、ファンが一斉にスローガンを掲げるサプライズイベントをいった。「歓声より大きい熱気で歌うよ MAMAMOOだけのための気持ちだよ」と韓国語で書かれたメッセージに「日本でも大きな声が出せるようになったら、必ずかけつける」と、感動するメンバーたち。「ムムの皆さんがこんなに喜んでくれて幸せです」「ムムたちは元気でしたか?」と、「これから先、私たちがどんな新しい姿を見せるか楽しみにしていてください」と、改めてファンとの再会を喜ぶメンバー。

▼1日目のスローガンを持つMAMAMOO

https://twitter.com/mamamoo_japan/status/1596511635883294720?s=20&t=5KC56CIseuYqqQ1ZAf2Jxg

そして次の曲にいく前に、Moon Byulの提案で「拍手対決」をすることに。観客席を右側と左側に分け、拍手の大きさを競い合った。割れんばかりの拍手が鳴り響いたあと、Hwa Saが「これは日本ならではじゃないかな? と思います。すごく感動的です」と、しんみりとした表情でコメント。その後は日本1stシングルである『Decalcomanie』を日本語で歌いあげ、会場の熱気は最高潮へ。続いて、韓国の音楽番組で7冠を達成し、Soribada Best K-Music Awardで大賞を受賞した、MAMAMOOの代表曲『HIP』を熱唱。客席の盛り上がりもさらにヒートアップし、手拍子が鳴り止まない。

▼MAMAMOO「HIP」MV

Solarが「皆さん、楽しいですかー?」と日本語で呼びかけると、オーディエンスからはまたも割れんばかりの拍手が。「日本のファンの皆さんに、特別に日本語バージョンを用意しました。日本語バージョンのある曲はできるだけ日本語で披露できるように準備したので、楽しみにしてください」というHwa Saの言葉に、日本のファンからは歓喜の声が上がっていた。「ムムの皆さんがキラキラで、声が聴けなくて残念ですが、心は届いています」とWhee In。

コンサートは終盤へ・・・「ムム、愛してる」日本のファンへの感謝が止まらない

さらに『Egotistic』『Gogobebe』と続け、1人ずつ最後のあいさつを行った。「『Egotistic』は2018年に、『Gogobebe』は2019年に出た曲ですが、今もなお愛してくれて本当に嬉しいです」とSolar。「こうやって日本の皆さんと、近いところで会えて本当に嬉しいと思います」と、Moon Byul。「私たち4人には透視能力があります。みんな、笑ってますよね?」というWhee Inの言葉にまたも拍手が起こった。

Hwa Saは「皆さん、脚は痛くないですか?」とファンを気づかいながら「私たち、最後に向かって走っています。本当に時間があっという間に過ぎたと思います」とあいさつ。Solarは「こうやって日本で公演を行うことができて、来てくださった皆さんありがとうございました」と。Whee Inは「本当に久しぶりに日本のムムの皆さんと過ごすことができて、満足できる時間になりました。これからもたくさん日本に来たいと思っているので、この時間を楽しんで満喫して欲しいと思います」と、感謝の言葉を述べた。

Hwa Sa:写真提供RBW JAPAN

Hwa Sa:写真提供RBW JAPAN

最後に夜空を背景に『Starry Night』を日本語で、続いて『Wind flower』を披露し、銀テープが空を舞った。そして渾身のステージを披露した4人はステージから去っていった。しかし、MAMAMOOのコンサートは、ここからアンコールステージへ。4人でゲームをするという内容のVCRをはさんだあと、カジュアルな衣装で現われたMAMAMOO。『Travel』に続いて、『You Don’t know me』を日本語で披露。Solarが日本語で「ムム、楽しかったですかー!?」と絶叫すると、続く『Yes I am』の歌唱中にWhee Inも日本語で「愛してる」と叫んだ。

圧巻のアンコールステージ! 「MAMAMOOは続く」力強い約束にファンの涙腺は崩壊

3曲を熱唱したあと、Solarは「忘れられない公演になると思います」と感動を伝えた。「今後とも私たちMAMAMOOにたくさんの期待をして欲しいと思います」とMoon Byul。「私たちも皆さんのおかげで今日は本当に楽しくて幸せな時間でした」とWhee In。「いつも本当に変わらずに同じ場所で見守り、応援してくださりありがとうございます」とHwa Sa。すると、Solarが「このまま終わるわけにはいきませんよね?」と言い、メンバーはファンと一緒に写真を撮ることに。

▼2日目のスローガンと、ファンとの写真

https://twitter.com/mamamoo_japan/status/1596863886762078208?s=20&t=FEsWjZmtN6dSKm3VJlcJRw

残すところあと2曲。『L.I.E.C』では「盛り上がっていきましょう!」と、アンコールとは思えないほどのボルテージを見せた。続いて『Um Oh Ah Yeh』を歌いあげ、有終の美を飾ったMAMAMOO。「ありがとうございました!」「気をつけて帰ってください」「忘れないで」口々に別れを惜しむメンバーたち。さらにSolarの「MAMAMOOは続くからなー!」という力強い言葉が会場に響いた。思わず、涙ぐむファンたち。それもそのはず、去年6月にWhee InはMAMAMOOを生んだ所属事務所RBAを退社している。さらに、グループ活動は2023年までの継続と発表されているのだ。この先も、MAMAMOOが続くという約束に、ファンたちはどれほどの安心感をもらえただろうか。ぜひ、MAMAMOO4人とムムたちとのそう遠くない日の再会に期待したい。

MAMAMOO WORLD TOUR <MY CON> – JAPAN

日時:2022年11月26日(土)
OPEN 15:00 / START 17:00
会場:幕張メッセ 展示ホール2-3

セットリスト

1. INTRO + 1,2,3 Eoi!
2. Mr. Ambiguous
3. Um Oh Ah Yeh + Freakin Shoes + NEW YORK + Dingga
4. Emotion + Funky Boy + You’re the best
5. AYA
6. ILLELLA
7. Taller than You
8. mumumumuch
9. ソロパレード
Part1 Water Color (Solar)-Eclipse(Hwa Sa)-HONEY(Whee In)-TWIT(Moon Byul)
Part2 Spit it out – Make me happy – LUNATIC – Maria (ALL)
10. Paint Me
11. I Love Too
12. Star Wind Flower Sun
13. Decalcomanie
14. HIP
15. Egotistic
16. Gogobebe
17. Starry Night
18. Wind flower
<アンコール>
1.Travel
2.You Don’t know me
3.Yes I am
4.L.I.E.C
5. Um Oh Ah Yeh

MAMAMOO ムンビョル

MAMAMOO ムンビョル、ソロとして初の来日公演「Director’s Cut : Japan Special Live」が開催決定! 圧巻のパフォーマンスを誇る彼女の公演に期待高まる

2022年7月20日
MAMAMOO ムンビョル

MAMAMOO ムンビョル、K-POP業界で働き続けるべきか苦悩中! 休みたいけどとても怖い・・ トップスターの衝撃の悩みに驚き

2022年7月1日
(上)MAMAMOO、OH NY GIRL

MAMAMOO、OH MY GIRL、IZ*ONE チェヨンがレーベルメイトに! MAMAMOOの事務所RBWがWMエンタを買収・・ 人気ガールズグループ同士のコラボはあるの?

2021年4月8日
MAMAMOO(左上)、BTS(右上)、IU(左下)、GFRIEND(右下)

MAMAMOOやBTSを行事に呼んだとしたら一回いくら? 韓国スターたちのリアルなイベント出演料が話題に

2020年6月9日
(左)BTS(右)MAMAMOO フィイン

BTSの車に乗ろうとしたのは… なんとMAMAMOO フィイン!? フィインが起こした衝撃のハプニングと、とっさのリアクションにファン大爆笑… 慌てふためくフィインの姿に「かわいすぎる」と絶賛の声殺到

2020年4月30日

最新情報をGET!

KPOP monsterをフォロー!