飲酒放送は超キケン! BTS ジョングク、お酒のせいでメンバーに怒られる! 「飲み過ぎてないのに…」 開き直ってお酒を楽しみ続ける様子に爆笑

BTS ジョングクNEWS
BTS ジョングク

BTS(防弾少年団)ジョングクが、お酒を飲んでメンバーに怒られていたことが明らかに。注意を受けてもなお、お酒を飲むことへの思いが一切ブレない様子がさすがだと、注目を集めている。

グループの末っ子メンバーとは思えないほど大人びたビジュアルに加え、アーティストになるべくして生まれてきたと言っても過言ではないポテンシャルを輝かせているジョングク。自らファンに近づいていく親しみやすさまで兼ね備えているジョングクだが、そんな彼が、あるイレギュラーな行為により、メンバーから注意を受けていたことが明らかになった。

メンバーがどうしてもスルーできなかったジョングクの行動とは、ずばり、お酒を飲みながら生配信を行ったことだ。2月2日、深夜2時から自宅で配信を開始したジョングク。彼は会社に無断で配信をしていることを暴露すると、特大のジョッキに入ったビールを飲みながら、なんと朝6時まで配信を続行。4時間もの長時間、ファンとのコミュニケーションを楽しみ、大きな注目を集めた。

そんな伝説的配信の翌日、またも自宅から配信を行ったジョングク。チキンを頼んで待っている途中だと話すジョングクに、ファンはさっそく「会社から怒られた?」とコメントを送り、会社に無許可で配信を行ったことに対し、彼が会社から怒られてしまったのではないかと心配した。

そんなファンのコメントを、「えぇ~い、怒られるわけないでしょう」と笑い飛ばしたジョングク。しかしその一方で、ジョングクは無許可で配信を行ったことよりも、お酒を飲みながら配信を行ったことに対し、まさかのメンバーから注意を受けていたようだ。会社から怒られたことを清々しく否定したジョングクは、「でもグループトークで…」と笑うと、「お酒飲んで配信するなって(言われました)」と話し、なんと会社のスタッフではなくメンバーから、飲酒放送についてグループトークで指摘されていたことを明かしたのだ。

しかしジョングクは、次の瞬間、カメラにまたもジョッキに注がれたビールを見せつけると、「だけどあきらめを知らない男! こんにちは、チョン・ジョングクです」とおじぎし、飲酒放送をやめるつもりが一切ないことを声高らかに宣言。「これが楽しみなのに~! 飲みすぎでもないのに~!」と開き直り、自宅でゆっくりとおいしいビールを飲むことが、自分にとって譲れない息抜きであることを明かしたのだ。

メンバーから飲酒放送を注意されてもなお、自身を「あきらめを知らない男」と紹介し、めげずにジョッキビールを用意したジョングク。末っ子を放っておけないメンバーたちのリアクションはもちろん、そんな注意も一切気にせず飲酒放送を楽しむジョングクのブレない様子が面白すぎると、ファンは大笑いしている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。