「ジョンヒョンありがとう・・」SHINee、大ヒット曲「Juliette」の衝撃的なデモバージョンの歌詞を告白! 独特すぎるリリックにメンバー呆然・・ 美しい言葉に修正したジョンヒョンに感謝の声

SHINeeNEWS
SHINee

SHINeeが、大ヒット曲「Juliette」の歌詞に関する衝撃的な事実を告白した。

末っ子メンバーのテミンが兵役を終え、約2年ぶりにグループ活動を再開させたSHINeeは、5月27~28日の2日間にわたり韓国・ソウル蚕室室内体育館にてデビュー15周年記念ファンミーティング「2023 SHINee FANMEETING ‘Everyday is SHINee DAY’:[Piece of SHINE]」を開催した。メンバーの兵役やコロナの関係上、4人が揃ってファンと対面で顔を合わせるのはなんと4年8か月ぶりであった。

そんなファンミーティング中、大ヒット曲「Juliette」に関する知られざる秘密が明かされた。「Juliette」は、2009年に韓国でリリースされた楽曲。歌詞は映画「ロミオとジュリエット」からインスピレーションを受けたメンバーのジョンヒョンが作詞を担当し、その感性的な歌詞が大衆を惹きつけた。しかしこの楽曲には当初、別の歌詞が用意されていたという。

ジョンヒョンは、「Juliette」のサビパートに「Juliette! 영혼을 바칠께요(Juliette! 魂を捧げます)」というロマンティックな歌詞を付けた。しかし、デモバージョンではこの部分に、全く異なる驚きの歌詞が付けられていたというのだ。

オンユは、「途中の歌詞が『ジジジッ(電流が流れていることを表現する擬音語)』だったこともあります」と告白。これを聞いたキーは「それはJuliette。『지지직! 네게 감전된거야(ジジジッ! 君に感電したんだ)』こうだった」と、デモバージョンの衝撃的な歌詞の詳細を明かした。

キーは会社から初めてこの歌詞を伝えられた際、あまりの衝撃に表情管理すらできずただただ呆然。「すごく独創的だと思います」という感想しか出なかったと当時を振り返り、ファンを笑わせた。

これを知ったファンは驚き。あまりに独特な「ジジジッ! 君に感電したんだ」という歌詞を、「Juliette! 魂を捧げます」という美しい歌詞に変えたジョンヒョンの天才的な偉業に、感謝の声が相次いでいる。

▼ファンの声
「ジョンヒョン、本当にありがとう…」
「Julietteの命の恩人キム・ジョンヒョン」
「うちのジョンヒョンはやっぱり天才」
「ジジジッ! 君に感電したんだ はちょっとひどすぎない?www」
「元の歌詞でもSHINeeならかっこよく消化できたと思うけど、ジョンヒョンの歌詞が格段に最高」

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。