BTS RMの歌詞がドラマのセリフに? 韓国ドラマ『九尾狐伝』にあの言葉が登場! ドラマの制作陣の心までをも動かす作詞家としての才能にファン感嘆

BTS RMNEWS
BTS RM

BTS(防弾少年団)のリーダー RM(キム・ナムジュン)が書いた歌詞にそっくりなセリフが韓国ドラマに登場し、ファンの間で話題になっている。

BTSのRMといえば、アーティストとしてステージですばらしいパフォーマンスを披露するだけでなく、音楽プロデューサーとしても才能を輝かせているメンバー。特にクリエイティビティーあふれる歌詞は、まるで芸術作品のような奥深さがあり、そういった独創的で知的な彼の魅力に多くの人が心を奪われている。

その中でも、特にファンからの支持を得ているのが、BTSのアルバム『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』に収録されているRMのソロ曲「Trivia 承: Love」。同曲でRMは、「僕はただの人間 君は僕の角をすべて食べて 僕を愛で満たしてくれる」という歌詞を書いている。これは韓国語で人間を意味する「사람(サラム)」と愛を意味する「사랑(サラン)」を使った言葉遊びで、単語の最後にある子音「ㅁ」の角を取ることで、子音が「ㅇ」に変わり、「サラム(人間)」から「サラン(愛)」に変化したことを表現している。

【音源】Trivia 承 : Love

そんなRMのあたたかい感性を感じることができる歌詞が、なんとドラマに登場しているというのだ。そのドラマとは、2020年に放送された『九尾狐<クミホ>伝~不滅の愛~』。都会で暮らす九尾狐とミステリー番組のプロデューサーが織りなすファンタジーロマンス作品だ。日本からはAmazonプライムで視聴可能。

RMを彷彿とさせるセリフが登場するのは、同ドラマの最終回でイ・ヨン(イ・ドンウク)がナム・ジア(チョ・ボア)と結婚するシーンでのこと。ジアはイ・ヨンがついに人間になったことを喜ぶ。そんな彼女にイ・ヨンは「人間、おもしろい言葉だ。語尾の子音の角を少し削って丸くすると“愛”になる。人間になること…それにはあまり自信はないけど、君を愛することは自信がある」と語り、まさにRMが書いた歌詞と同じ表現を使っているのだ。

▼RMが書いた歌詞と同じ表現を使っている場面

これに気が付いたファンは、同作の脚本家はARMY(BTSのファン)に違いない! と大興奮。またドラマの最終回という最も重要なシーンでRMの歌詞が選ばれたことをとても誇らしく思っているようだ。ARMYだけでなく、ドラマの制作陣の心までを動かす彼の作詞家としての才能に感嘆している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。