ZEROBASEONE キム・ジウン、ソン・ハンビンに怒られる! 理由はお尻の触り方!? ほほえましいエピソードにファン爆笑

(左)ZEROBASEONE キム・ジウン(右)ソン・ハンビンNEWS
(左)ZEROBASEONE キム・ジウン(右)ソン・ハンビン

ZEROBASEONE キム・ジウンが、同じくメンバーのソン・ハンビンに怒られていたことが明らかに。彼がキム・ジウンに不満を抱いた原因が面白いと、注目を集めている。

グローバルボーイズグループデビュープロジェクト『BOYS PLANET』から誕生し、7月10日に満を持してデビューしたZEROBASEONE。デビューアルバムとなる「ZEROBASEONE The 1st Mini Album『YOUTH IN THE SHADE』」は、発売初日にデビューグループとしては史上初となるミリオンセラーを達成。飛ぶ鳥を落とす勢いでK-POP界を席巻している。

8月15日には、さっそく初のファンコンサート「2023 ZEROBASEONE FAN-CON」を韓国・高尺スカイドームにて開催する予定であるZEROBASEONE。公演チケットは予約開始直後に即完売となっており、会場に足を運べないファンのため、日本国内でもライブビューイングとオンライン生配信の実施が決定している。

多忙なスケジュールの中、26日にバラエティ番組「週刊アイドル」に出演したZEROBASEONE。持ち前のバラエティセンスを活かし、メンバーたちはユーモア抜群のトークを繰り広げた。

そんな番組の中で、メンバー キム・ジウンが、ソン・ハンビンから怒られた経験があることを明かした。彼がソン・ハンビンを怒らせたその原因とはなんと、お尻を変な触り方で触ったからだ。

グループでリーダーを務めているソン・ハンビンといえば、だれもが認める努力家で、並外れた責任感の持ち主としておなじみ。「BOYS PLANET」ではシグナルソング「난 빛나 (Here I Am)」のセンターを務め、初回放送から第11話まで、みごと1位の座を維持し続けた不動の王者として知られている。20日に、GOT7のヨンジェがDJを務めるラジオ番組「GOT7 ヨンジェの親しい友達」に出演した際には、グループトークを通じ、ソン・ハンビンがいつもメンバーたちに「がんばろう!」「しっかりやろう!」とメッセージを残していることも明らかになり、ファンは彼の誠実な人柄にさらに魅了された。

そんなソン・ハンビンは、なんと魅力的なお尻の持ち主でもあったようだ。キム・ジウンは当時のことを回顧しながら「ハンビンのお尻はご覧の通り魅力的なので」と説明し、ソン・ハンビンの魅惑的なお尻を紹介。本能のままソン・ハンビンのお尻を触ったものの、怒られてしまったそうだ。

キム・ジウンからお尻が魅力的だとほめられ、これにノリノリでお尻を振ってアピールしたソン・ハンビン。彼は当時キム・ジウンを怒ったのは、触り方に不満があったからだと告白。「僕たちはスキンシップが多いので、ただ触るだけなら大丈夫なんですが、なんか…」と言葉を詰まらせ、当時自分のお尻を触ったキム・ジウンの手つきが、どうしても受け入れられないタッチの仕方だったと打ち明けたのだ。

すでに気の置けない関係性を築き上げているZEROBASEONEのメンバーたち。ほほえましいこのエピソードに、ファンは「もっとくわしく聞きたいw」「ハンビン的に何が嫌だったんだろうww」と爆笑している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。