aespa カリナ、ヨントン中にファンとプリクラ撮影! スタッフの制止も振り切り、ポーズ指定にも快く応える! MY思いな優しさに感激

aespa カリナNEWS
aespa カリナ

aespa カリナのファンがオンラインファンサイン会で行った奇抜なアイデアに注目が集まっている。

コロナ禍の海外渡航制限や外出・対面イベントの自粛に伴って始まった、オンラインサイン会(通称:ヨントン)。アイドルとビデオ通話で会話し、サインが書かれたCDは後日自宅に送付されるという仕組みだ。従来の対面サイン会とは違い、インターネット環境さえあればどこからでも参加できるのが特徴で、ファンたちはこれまでこの特徴を利用した様々なアイデアを生み出して実施し、アイドルを驚かせてきた。

雪が好きな推しのため、雪山に登って山でヨントンを繋げたファンのエピソード

そんな中、最近aespa カリナのファンがオンラインサイン会で行ったある行動が話題を呼んでいる。注目を集めているのは、あるカリナファンがSNSにアップした1本の動画。カリナとのオンラインサイン会の様子が収められた動画だが、なんとそのファンはサイン会中にカリナと“プリクラを撮影”したというのだ。

直前まで行われていた対面サイン会にも参加していたファンは、オンラインサイン会が始まるまでに家に帰ることができなかった模様。街のど真ん中でヨントンしなきゃいけないのか.. と思っていたところ、近くに偶然「人生4カット」(韓国版プリクラ)の機械を発見。入ってビデオ通話を接続し、可能ならカリナと一緒に人生4カットを撮るつもりだという。

見慣れぬ背景を不思議に思ったカリナは、「今どこなの?」と尋ねた。ファンから「いろいろあって道を歩いてたら人生4カットがあって入った」とその事情を聞いたカリナは爆笑。「私が一緒に撮ろうか?」とファンの要望を察して自ら一緒に撮ろう、と提案してあげる優しさを見せた。

しかし、オンラインサイン会中にプリクラを撮影するという異例のリクエストをスタッフはNGと判断したようだ。スタッフはカリナに向かって何かを伝えているが、カリナは「大丈夫です、大丈夫です」とスタッフの言葉を遮り、ファンとのプリクラ撮影に積極的に参加した。

撮影が始まると、カリナは顔に手を添えてばっちり決めポーズ。ファンからのポーズリクエストにも快く応え、まるで友達同士のような気軽で楽しそうな雰囲気で撮影を終えた。

印刷されたプリクラはこちら

これを見たネットユーザーたちは、オンラインサイン会で推しとプリクラを撮るという発想に驚き。スタッフの制止も振り切ってファンのリクエストに応えたカリナの優しさにも、感激の声が上がっている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。