LE SSERAFIM 宮脇咲良 & カズハ、韓国で受けた意外なカルチャーショックとは? 日本とはスイーツも全然違う… 2人の発見にメンバーも興味津々

(左)LE SSERAFIM 宮脇咲良(右)カズハNEWS
(左)LE SSERAFIM 宮脇咲良(右)カズハ

LE SSERAFIM サクラ(宮脇咲良)カズハが、日本と韓国の違いで驚いたことを告白。意外な食べ物にも文化の違いを発見した2人のエピソードに、注目が集まっている。

10月11日、LE SSERAFIMの公式YouTubeチャンネルに、バラエティコンテンツ「LENIVERSE」の最新エピソードが公開された。今回のエピソードは、香港にて撮影された記念すべき海外進出の特別編だ。メンバーたちは今回の撮影で、美食探検や旅行、アクティビティ体験など、香港の魅力を満喫する。

LE SSERAFIMのスタッフといえば、メンバーたちが「やりたい」と言ったことをすべて記憶し、LENIVERSEのコンテンツとしてその希望を実現させることでおなじみ。サクラは過去のライブ配信で、「LE SSERAFIMスタッフのみなさんは全部見てるんです! だから『これやってみたい』ってただ話しただけのことをやらせようとするんです!」と熱弁し、スタッフの鋭い観察力を絶賛した。

これまでチムジルバンやサムギョプサル店での食事会など、数々の希望を叶えてきたLE SSERAFIMのスタッフ。そして今回スタッフは、メンバーたちの「1回くらい海外で時間を過ごしたい」「海外旅行をしたい」という夢を叶えることにしたよう。香港を舞台に、メンバーたちは念願の海外旅行を楽しむことになった。

レストランでおいしい料理を思う存分楽しんだ後、デザートを食べるため、大好きなピンス(韓国のかき氷)のお店に移動したLE SSERAFIM。ピンスラバーズとして知られているメンバーたちは、目移りするメニューの数々に大興奮。なんとか3つのメニューをチョイスしたメンバーたちは、やってきたピンスのビジュアルにビックリ。「私が食べたピンスの中でいちばんおいしい」「おいしすぎて叫びたい」とその味を大絶賛した。

そんなピンスを満喫している最中、サクラカズハが、ピンスにまつわる意外な日本と韓国の違いについて明かした。初めて韓国でピンスを食べた際、日本とは違うその味や新鮮なビジュアルに感動したというカズハ。カズハのこの言葉に、サクラもすぐに「私も!」と共感した。

LE SSERAFIM / YouTube

LE SSERAFIM / YouTube

日本人だからこそわかる、日本のかき氷と韓国のピンスの違い。サクラはメロンの上に載ったピンスを例に挙げると、初めてそのビジュアルを見た際、「え!? メロン!?」カルチャーショックを受けたことを告白。まるごとのメロンの上にピンスが載っているというにわかには信じがたい光景を前に、衝撃を隠せなかったことを明かしたのだ。

LE SSERAFIM / YouTube

LE SSERAFIM / YouTube

LE SSERAFIM / YouTube

[LENIVERSE] EP.28 핌둥이 말하는대로 ★ 핌비디 바비디 부 1편 (FIMbidi-Bobbidi-Boo)(該当シーンは19分35秒頃~)

生活習慣や交通事情といったことだけでなく、ピンスというスイーツにも、意外な文化の違いを発見したというサクラとカズハ。2人が明かしたカルチャーショックを受けたエピソードに、メンバーたちも興味津々になったようだ。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。