BTS ジョングク、韓国ソロとして最多で全米シングルチャートにランクイン! PSYの記録に並ぶ! Spotifyでも史上最速で10億ストリーミング達成

BTS ジョングクNEWS
BTS ジョングク

BTS(防弾少年団)のメンバー ジョングクが、PSYに並んで韓国のソロアーティストとして最多となる米ビルボードのシングルチャート『HOT100』へのチャートインを記録した。

BTS ジョングクは、ザ・キッド・ラロイ、セントラル・シーとコラボした新曲「TOO MUCH」で、最新の『HOT100』(11月4日付)で、初登場44位を獲得した。これを受け、ジョングクはソロとして5回目の『HOT100』のチャートインを記録。これにより、韓国のソロアーティストとしてPSYが保持している最多記録に並んだ

【動画】The Kid LAROI, Jung Kook, Central Cee – TOO MUCH (Official Video)

ジョングクはこれまでに、『7 Fates: CHAKHO』のOSTである「Stay Alive」(シュガがプロデュース)やチャーリー・プースとのコラボ曲「Left and Right」、ソロデビューシングル「Seven feat. Latto」、そして「3D feat. Jack Harlow」でチャートインを果たしている。

【動画】정국 (Jung Kook) ‘3D (feat. Jack Harlow)’ Official MV

中でも今年7月に発表した「Seven」は、同チャートで初登場1位を獲得。さらに「3D」では初登場5位に輝くなど、ソロアーティストとしても圧倒的な人気ぶりを証明している。

それだけでなく、10月30日にはジョングクの「Seven ft. Latto(Explicit Version)」がSpotifyにおいて10億ストリーミングを達成したことが発表された。Spotifyによると、「Seven」はリリースから、わずか108日で10億ストリーミングに到達。これは、Spotify史上最速の記録だといい、前記録を保持していたマイリー・サイラスが大ヒット曲「Flowers」で打ち立てた記録(112日)を上回る大記録だ。

【動画】정국 (Jung Kook) ‘Seven (feat. Latto)’ Official MV

【動画】Miley Cyrus – Flowers (Official Video)

それに加え、これはK-POPソングとしても最速の記録で、ジョングクはBTSの世界的ヒット曲「Dynamite」(333日)と「Butter」(509日)での記録を破り、堂々の歴代1位に輝いた。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。