SEVENTEEN ディノ、スングァンのことなら1日の食事メニューまでお見通し! いったいナゼ? 衝撃の理由にLE SSERAFIM ウンチェも爆笑

(左)SEVENTEEN ディノ(右)スングァンNEWS
(左)SEVENTEEN ディノ(右)スングァン

SEVENTEEN ディノが、同じくメンバーのスングァンのことならば、その日にどんな食事をしたかさえお見通しな姿を見せた。それほどまでディノがスングァンを理解している理由に、ファンは爆笑している。

10月26日、LE SSERAFIM ウンチェがホストを務める人気YouTubeコンテンツ「ウンチェのスター日記」の最新エピソードが公開された。今回ゲストとして登場したのは、ウンチェがかねてより出演を熱望していたHYBEの先輩 SEVENTEENのディノだ。

SEVENTEENといえば、23日にリリースした11thミニアルバム『SEVENTEENTH HEAVEN』の初動売上が、驚異の509万1887枚を記録。K-POP史上初の初動が500万枚を超えたアルバムとなり、世界を魅了するトップスターとしての地位をさらに確立した。

SEVENTEENを見てアイドルの夢を見たというウンチェは、そんな大ヒットアルバムの制作過程についてや、12人のメンバーについてなどインタビュー。ファンも気になるディノの内面に迫った。

そんな番組の中で、サーカスのようにメンバーを持ち上げる振り付けについて言及したディノ。SEVENTEENのパフォーマンスには、メンバーを持ち上げたり膝に乗せたりするアクロバティックな振り付けが頻繁に見受けられ、その多くで、ディノが土台となってメンバーをサポートしている。ウンチェからそんな役割について尋ねられたディノは、「大変じゃないと言ったら噓になります。ステージだからやります」と答え、体力的に大変なことに関しては、振り付けの先生にも文句を言ったことはないと告白。「責任感を持つように努力しています」と話し、さすがのプロ意識をのぞかせた。

するとディノは、楽曲「THANKS」の振り付けで時折スングァンを持ち上げることに言及すると、「(スングァンさんが)その日食べたのが1食なのか2食なのかわかります!」と断言。「1食のときは軽い。2食食べたけど軽いときがあります。それはサラダを食べた日!」と話し、スングァンを持ち上げる役割を担っているからこそ、その重さでスングァンが食べたメニューまでお見通しだと告白したのだ。この予想外のエピソードに、ウンチェは大笑いした。

KBS Kpop / YouTube

KBS Kpop / YouTube

KBS Kpop / YouTube

KBS Kpop / YouTube

KBS Kpop / YouTube

ついに出会い、世界最強の末っ子たち 🏆 | eunchaestardiary EP.25 | SEVENTEEN(該当シーンは12分53秒頃~)

ただでさえ疲れるパフォーマンス中にメンバーを持ち上げるというのは、決してだれもができることではないだろう。そんな苦労もプロ意識によって受け入れ、さらには「スングァンさんの食事がわかる」と笑い話に変える姿がさすがだと、ファンはディノが明かしたエピソードに爆笑している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。