BTS RM、レッドカーペットでハプニング続出! どうしてそうなるの!? ワールドスターとは思えないほど初々しいミスの数々に爆笑

BTS RMNEWS
BTS RM

BTS(防弾少年団)RMが、ワールドスターとは思えないほど初々しさを感じる行動を見せた。チャーミングな彼の魅力が伝わってくるワンシーンに、注目が集まっている。

2013年にデビューし、群を抜いた実力と堅実な努力、メンバーそれぞれの個性あふれるキャラクターが魅力となり、今やK-POP界を代表するトップアーティストとなったBTS。11月22日には、所属事務所であるBIG HIT MUSICが、すでに入隊中であるジン、j-hope、シュガに加え、RM、ジミン、V、ジョングクが、兵役義務の履行手続きに入ったことを発表。ついにBTS全員が入隊することとなった。

しばしの間メンバーたちの姿を見ることは叶わなくなるものの、BIG HIT MUSICとメンバーたちは、7人全員が軍服務を終えた2025年に完全体での活動再開を望んでおり、世界中のARMY(BTSのファンネーム)が彼らのカムバックを待ち望んでいる。

そんなBTSのリーダー・RMが、ワールドスターとは思えない行動を見せ、ARMYの注目を集めている。それは、24日、ソウル市内のフォーシーズンズ・ホテルで開催された「第18回乳がん啓発キャンペーン」慈善イベントにて、RMがレッドカーペットに登場した際のことだ。

RMが現れるやいなや、会場にいた大勢のメディアが一斉にフラッシュを焚き、カリスマあふれる彼の登場を歓迎した。するとRMは、目の前にレッドカーペットが敷かれているにもかかわらず、なんとその存在に一切気づくことなく、レッドカーペットを華麗にスルー。カメラマンは当然セレブ達がレッドカーペットを歩く前提で場所を確保しているはずだが、RMはそんなメディアの予想を裏切り、レッドカーペットが敷かれていない、メディアから遠く離れた場所を歩いてしまったのだ。

予想だにしなかったRMの行動に、スタッフはすぐさま彼をレッドカーペットに案内。しかしRMは、一度声をかけられた際にもまだレッドカーペットの存在に気づかず、その場で立ち止まってポーズ。もう一度正しい場所を指示されて初めて、レッドカーペットが敷かれていることに気づく姿を見せたのだ。

さらにRMは、無事にレッドカーペットを歩いて壇上に立った際にも、ワールドスターとは思えないほど初々しい行動を見せた。壇上に上がる際には、思わずつまづいてしまうような様子を見せたRM。気を取り直してポーズを取るRMだったが、今度は自分が見るべきカメラを見つけることができず、左を向いたり右を向いたりとあたふた。ノールックで手をポケットに入れようとしたものの、ポケットの位置も把握することができず、手まであたふたせわしなく動いてしまう様子を見せたのだ。

これまで世界の大舞台に数多く出席し、大勢のメディアが待ち構える前でレッドカーペットを歩くことも何度も経験してきたはずのRM。そんなRMが見せたおちゃめなハプニングの数々がかわいすぎると、ファンはいつまでも変わらない彼のチャーミングな人柄に魅了されている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。