「パンPDの嘘つき!!」騙されてBTSメンバーになってしまったシュガ、デビュー前にいったい何が

パン・シヒョク、BTSシュガ

BTS(防弾少年団)のシュガが、騙されてBTSのメンバーになったエピソードが再度話題になっている。

2011年Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク プロデューサー(通称:パンPD)により、BTSのメンバーを集めるHit it Auditionが開催された。

シュガはこのオーディションに参加することを決意。見事にオーディションで2位に輝き、Big Hitと契約を交わすこととなった。

しかし、ここで思わぬ事態が発生。シュガは、アイドルになるのではなく、プロデューサー兼作曲家としての活動をすると勘違いしていたのだ。

「防弾少年団のメンバーを募集します」

パンPDは、オーディションの動画広告で「防弾少年団のメンバーを募集する」とハッキリと述べていたが、シュガは“防弾少年団”というアイドルのメンバーを募集しているという意味だとは全く思わなかったという。

その後、プロデューサーが夢のシュガは、練習生になると「1DAY 1VERSE」という目標を掲げ、1日に1曲作詞作曲を行った。

しかしパンPDは、アイドルのメンバーとしてオーディションに合格させたため、シュガをアイドルの道に進むように説得を試みた。

シュガはデビュー後の2013年にBTS単独番組で、騙されてBTSに入ったことを暴露。彼はパンPDに言われた言葉をハッキリ覚えていた。

「僕はパンPDに『お前は、1TYMのようなグループでデビューさせるよ。振付なんていらないから、ただリズムに乗ってればいい。ラップだけ一生懸命やれ!』こう言われました」

シュガは、1998年にデビューしたYGエンターテインメントの人気ヒップホップアイドル「1TYM」のようなグループでデビューすると約束をされていたようだ。「1TYM」は、ヒップホッブアイドルのためラップがメイン。ダンスはどれも簡単なものばかりだ。

「その3年後デビューしてみたら、僕たちのダンスが放送局中で一番激しいじゃないですか!!」

シュガは、パンPDの言葉にまんまと引っ掛かり「1TYM」とは比べ物にならない、激しいパフォーマンスが売りのBTSのメンバーになった。

このエピソードを踏まえてBTSのミュージックビデオを見ると、ダンス初心者だったシュガの成長ぶりに感動する。

そしてシュガはBTSのメンバーとしてトップスターになり、ついには夢だったプロデューサーとしての活躍も開始することになった。

(左)BTS ジョングク(右)シュガ

BTS シュガはまるでジョングクのお父さん! ふたりの親子のような信頼関係に感動…シュガが見せる愛情深い言葉の数々が話題に

2019年7月21日
BTS(防弾少年団)シュガ

BTS(防弾少年団)シュガもサセンの被害か!? 「変な人たちからメッセージ」にファンは涙「もうやめてあげて」

2019年6月23日
BTS(防弾少年団)V

BTS(防弾少年団)Vにおもいっきりハグされて照れるシュガのリアクションが超キュート[動画]

2019年6月18日
BTS(防弾少年団)シュガ

BTS(防弾少年団)シュガの“何もしない動画”がバイラル化! ファンのハートをつかんだ理由とは・・?[動画あり]

2019年6月6日
BTS(防弾少年団)シュガ&兄

BTS(防弾少年団)シュガの兄がベーカリーをオープン! 自然の光が差し込むナチュラルなカフェに早くもファンが殺到[動画あり]

2019年5月11日