【閲覧注意】Jay Parkは、なぜ痛みに耐えタトゥーを増やし続けるのか? 1番痛かった部分やタトゥーの意味、始めたキッカケを告白

Jay Park

JYPエンターテインメントの元祖アイドル「2PM」のリーダーとして活躍後、独立し幅広く活躍するJay Park(パク・ジェボム)が、自身のタトゥー事情について赤裸々に告白した。

Jay Parkは自身が歌手、ラッパーとして活躍するだけでなくHIP HOPレーベル「AMOG」と「H1GHR MUSIC」の代表取締役を務めており、経営者としての一面も持っている。

そんなJay Parkの大きな特徴は、全身に刻まれた「タトゥー」だ。

8月1日、ユーチューブチャンネル「GQ KOREA」はJay Parkがタトゥーについて話すインタビュー映像を投稿した。

Jay Parkは、タトゥーが好きな理由は「美術で僕の心や哲学など、大切なことを表現できる」からだと話した。

彼が初めてタトゥーを入れたのは2PMを脱退した2010年頃だったという。ラッパーのDok2に紹介されたタトゥーアーティストとの出会いをキッカケにタトゥーを入れることになったそうだ。

初めてのタトゥー

タトゥーは細いニードルのような刃物で身体に傷をつけ、色を着色するアートだ。タトゥーに興味があっても、その痛さを懸念して手を出さない人は多い。彼はタトゥーの痛みについても言及した。

「タトゥーは、それなりに痛いですが思っているほどは痛くないですよ。僕は沢山しているけれど、頭に入れた天使の羽のタトゥーが初めての苦痛でしたね。入れながら、初めて後悔しました」(Jay Park)

後頭部に入れた大きなタトゥーは、今までに経験したことのない、尋常でない痛みだったと話した。その衝撃で、同日に入れた首のタトゥーの痛みは何も感じなかったという。

また、彼の胸に大きく刻まれた「ライオンのタトゥー」を真似る男性ファンが増えているそうだ。ファンがタトゥーを真似るとは、驚くべき事実だ。

このライオンには「Heart of lion~強い心を持とう」というメッセージが込められており、ファンが真似することについて光栄だと彼は話した。

彼は音楽をモチーフにした記号や、人生を歩む上での座右の銘を身体に刻んでいるようだ。

いくつもの試練を乗り越え「BTSの弟分」になったTXT…デビュー後、初めてBTSのコンサートを観覧し様々な思いにふける

2019年7月19日
JYPパクジニョン

「まさかあの人気スターも!?」大手芸能事務所SMエンターテインメントが落選させてしまった芸能人が豪華すぎる! JYPのあの人から超有名俳優まで…

2019年7月17日

なさそうであるんです! 日本語と韓国語が混ざった歌詞に注目! 日韓のラッパーが続々コラボ中なの知ってた? 斬新なHIP HOPサウンドをチェック[動画あり]

2019年6月5日

文化祭で大盛り上がり! BTS、NCT127、SEVENTEENなど…韓国高校生のカバーダンスのレベルがハンパじゃない件 [動画あり]

2019年6月4日
パク・ジニョン氏

TWICE、2PMらを生んだJYPエンターテインメント代表パク・ジニョンが来日! ソニーミュージックと共同でガールズグループを育成する「Nizi Project」を発表、日本、LA、ハワイでオーディション実施へ

2019年2月7日
ITZY

TWICE事務所JYPから大量4組の新グループが年内デビューか! まず2月の「ITZY」からスタート

2019年1月26日

BTS(防弾少年団) ジミン、コンサートのリハーサル動画公開! ファンも一緒に大合唱

2018年9月6日