ファンとの距離を近づけるための手段 …BTS Vの自作曲に関係する大ヒット映画のプロポーズシーンが再注目される

BTS V、about Time

Vは2018年のインタビューにて、「ファンと距離を近づけるために様々な努力をしている」ことを明かした。そのうちの一つが作曲だ。

彼は、今まで数多くの曲を生み出したものの、自身が作曲した曲の完成度に満足は26していないそうで「ファンに聴かせるのが申し訳なくなるデキだ」と語るほどだ。

しかし彼は、自分が満足いかなくともファンが喜ぶことを理由に、自作曲を作り続けている。

『4 O’Clock』(2015年 – with RM)、『Hold me Tight』(2015年 – with RM, JH, YG)、『風景』(2019年)、『Winter Bear』(2019年)

彼は作曲にあたり、どのようにインスピレーションを受けているのだろうか。彼は8月に公開したWinter Bear(2019年)について映画から影響を受けたと明かしている。

大ヒット映画「About Time」を視聴した彼は、主人公がヒロインにプロポーズするシーンに感動し、Winter Bearを作曲したそうだ。

YouTubeより

そのシーンは、ひざまずいて指輪を渡すようなロマンチックなものではなく、目が覚めたヒロインに突然プロポーズするという素朴なものだった。

主人公は、映画のように派手なプロポーズではなく、ベットで目を覚まして横になっている彼女を見つめ、素直な自身の思いを伝えたのだ。

Vはこの映画より影響を受け、全て英語で書かれたバラード曲Winter Bearを作曲した。歌詞には、「冬眠する熊のように、幸せそうに眠る君。君が素敵な夢を見られますように」とある。

大切なものを、側で優しく見守るような優しい歌詞が印象的で、まさにAbout Timeのプロポーズシーンにピッタリの楽曲になっている。

彼の生み出す音楽は、世界中のファンを幸せにしているようだ。


BTS V

「なんで言わないの~!」BTS Vがデビュー初期にどうしてもできなかった“あること”が意外過ぎる! スタッフが思わず助け舟を出す展開に…今のVからは想像できない衝撃の姿にファンびっくり

2019年8月19日

鳥肌必死! BTS ジンとVは同じDNAの持ち主? 本名から浮かび上がる先祖のルーツや、そこ込められたメッセージ …まさかの外見まで、数々発見される共通点にファン驚愕

2019年8月18日
BTS V

BTS V、実はまだ”芸能人”じゃなかった!? 過去のサイン会で自らファンに頼んだ“ある演出”に爆笑! 自身の驚異的な人気ぶりを知らないかのような願望にびっくり

2019年8月16日
BTS V

BTS V、友人関係に悩むファンに贈ったあたたかい言葉に感動の嵐! 不安な時に役立つ、とっても優しいアドバイスとは・・?

2019年8月16日

BTS、日本新シングル「Lights/Boy With Luv」が、オリコンの月間シングルランキングで堂々1位を獲得

2019年8月15日
BTS(防弾少年団)V

BTS(防弾少年団)Vがソロ曲「Scenery(風景)」を発表! ツイッターのワールドワイド・トレンドを制覇[音源あり]

2019年1月31日
KPOP monsterをフォロー!