BLACKPINK 最新アルバムのタイトルトラックが急きょ2曲に増やされる! ファンが猛反対する理由とは・・?

BLACKPINK

韓国の大人気ガールズグループBLACKPINK、最新ミニアルバムのタイトル曲は2つになると発表。ファンが困惑し、猛抗議する事態になっている。Koreabooなどが伝えている。

以前、BLACKPINKが所属するYGエンターテインメントの創業者、ヤン・ヒョンソクはBLACKPINKの1stミニアルバム「SQUARE UP」のタイトル曲は「DDU-DU-DDU-DU」であると発表していた。

しかし、ミニアルバムのリリース直前にYGエンターテインメントが、サブトラックの「FOREVER YOUNG」も2つめのタイトルトラックにすると発表。YGエンターテインメントは、ファンからのフィードバックを参考に今回の決断をした。

「サブトラックの『FOREVER YOUNG』はロゼとジスのムービングポスターのBGMとして使用されています。15秒間しか聞くことのできないサウンドでしたが、ファンの間で『信じられないほど、いいメロディ』だと注目を集めていました。これを受けて私たちは今回のミニアルバムで2曲をタイトルトラックにしようと決めました」-YGエンターテインメント

BLACKPINK ロセ&ジスが新アルバム「SQUARE UP」のムービングポスターを公開! 魅惑的な雰囲気が溢れる

2018年6月7日

しかし、この決定に対してファンは猛反発。今の時期、ただでさえ、ワールドカップをはじめとする、さまざまな大きなイベントが予定されており、人々の関心を引くのが難しい中で、タイトルトラックが2曲あると、人気が分散してしまい、1曲だけであれば達成できたであろう、さまざまな記録が生まれなくなる、というのがその理由のようだ。

「最近は、米朝関係や、選挙とか、ワールドカップがあって、話題が多すぎ。BLACKPINKのカムバックは本当にうれしいけど、リリース2日前にタイトルトラックを2曲にするって、ちょっとね。そうすると、ストリーミング回数や、ミュージックビデオの再生回数も分散されてしまうわけでしょ。海外のファンだって楽しみにしているし、配信から24時間で再生回数2000万回狙えるかもしれないのに」-韓国のファン

YGエンターテインメントの発表に賛成できない様子のファンからは、タイトルトラックを1曲にするようにとお願いする投稿が多くされている。約1年ぶりにカムバックを果たすBLACKPINKなだけに期待は大きく、彼女たちの最新ミニアルバムでの成功を願っているからこそ納得できないファンが多いようだ。


BLACKPINK、約1年ぶりの新曲発表! 最新ミニアルバム「SQUARE UP」を6月15日18時~世界同時配信へ

2018年6月14日

BLACKPINK 新曲「DDU-DU DDU-DU」のMVティーザー公開! 中毒性のあるメロディーに大流行の予感

2018年6月14日

BLACKPINK、新アルバム「SQUARE UP」のティーザーポスター公開! 美しすぎるビジュアルに期待高まる

2018年6月12日
BLACKPINK

「BLACKPINK」ジェニー、10歳でTVデビューしていたことが明らかに! 当時の貴重な映像をチェック[動画あり]

2018年6月11日
BLACKPINK

BLACKPINK LISAが初夏を彩る多彩なファッションを披露! 表紙を飾った「NYLON JAPAN」のティーザー映像が公開[動画あり]

2018年6月7日
KPOP monsterをフォロー!