イギリス版のBTSが誕生!? 1Ⅾの生みの親サイモン・コーウェル、2020年に新世代スターを生み出す新番組を企画中

BTS、サイモン・コーウェル(右)
BTS、サイモン・コーウェル(右)

イギリス初の人気ボーイバンド ワン・ダイレクション(1D)の生みの親である音楽プロデューサー サイモン・コーウェルが、イギリス版のK-POPグループを輩出する番組を企画しているようだ。

今や爆発的な人気を博し、世界中にファンをもつK-POP。BTS(防弾少年団)やBLACKPINK、TWICEを筆頭にグローバルスターとしての地位を確立し、これまでにないほどの盛り上がりを見せている。

そんなK-POPの人気ぶりには、これまで1Dやリトル・ミックス、フィフス・ハーモニーなど、数々の人気グループを世に送り出してきたサイモン・コーウェルも目を付けている様子。次世代を引っ張るガールズグループやボーイズグループを輩出するオーディション新番組「X Factor The Band」のローンチを計画していることが明らかになった。

The Sunのインタビューでサイモンは、「大人気のBTSなどのK-POPのアーティストと競えるような、新しいポップスターを見つけたい」とコメント。K-POPの急激な成長ぶりとその可能性に気が付き、イギリスのUK-POPも同じようにしたいと考えているという。

「K-POPは世界を制している。これはUK-POPをローンチするバンドを探す番組なんだ」(サイモン・コーウェル)

また番組の勝者が、K-POPのように音楽的に大きなものになることを期待しているようだ。

「レコード契約を勝ち取ることよりも、新しい音楽の波をスタートさせたいんだ。(番組では)1Dやリトル・ミックス、フィフス・ハーモニーのように、グループのメンバーを我々が選抜します。イギリス版のK-POPを代表するような人たちです。常にこのプランはあったんだ、やっと少し動き出しました」(サイモン・コーウェル)

サイモン・コーウェルは、もともと個人でオーディション番組「X Factor」に挑戦者し、脱落の危機にあるがポテンシャルを感じたメンバーを集め、1Dやリトル・ミックス、フィフス・ハーモニーを結成。それぞれを人気アーティストへと導いた。

ちなみにこれに先駆け、2015年、サイモンはラテン界の大物歌手リッキー・マーティンとタッグを組み、ラテン版オーディション番組「ラ・バンダ」をローンチ。勝ち残ったメンバーでボーイズグループ CNCOを結成。「恋のレゲトンレント」のミュージックビデオは脅威の15億回を超える大ヒットを記録している。

BTS 「Boy With Luv」MVが新記録! K-POPボーイズグループ史上最速で6億ビューを達成

2019年11月5日

BIGBANG、BLACKPINKに次ぐK-POPの未来を担うスターを目指す!「YG ENTERTAINMENT」×OSMオーディション開催へ

2019年11月5日

2019年の“ベストK-POPソング”が早くも決定! 業界人に最も支持された楽曲は・・

2019年11月5日
BTSジミン&V

今すぐ2人でデビューしてほしい! ファンに大人気のK-POPアイドルペア4組 …1位はBTSのあの2人

2019年11月3日
VICTON

「PRODUCE X 101」出演で一気に注目度アップ! まもなく待望のカムバックを果たすVICTONに期待すべき3つの理由とは

2019年11月1日
BTS、ムン・ジェイン大統領

K-POPでおなじみの、あの文化がここまで浸透するとは! 韓国大統領を応援するためのペンライトが登場

2019年10月31日