「PRODUCE 101 JAPAN」隠れたオールラウンダー上原潤に注目! 驚きの実力に国プは「えーまじー! ? 」

PRODUCE 101 JAPAN
PRODUCE 101 JAPAN練習生の上原潤

韓国で人気のオーディション番組「PRODUCE」シリーズの日本版「PRODUCE 101 JAPAN」が現在GYAOで公開中。今回は人気メンバーの中の1人、「上原潤」を紹介しよう。

上原潤は、韓国で放送された「PRODUCE X 101」に出演経験のある練習生。放送前から認知度が高く、多くの注目を集めている

PRODUCE 101 JAPAN

PRODUCE 101 JAPAN練習生の上原潤

上原潤といえば・・?その1

上原潤といえば「えーまじー?!」というプエク(「PRODUCE X 101」の略称)出演時のセリフが有名。SNS上では、放送前から「えーまじー」を使ったツイートが大量発生していた。

「PRODUCE X 101」EP.3 (「えーまじー?!」は0:33~)

上原潤といえば・・?その2

上原潤といえば、「斜め上原潤」のポーズを思い浮かべる人もいるのではないだろうか。「斜め上原潤」は上原が1分PRの自己紹介で使った言葉。国民プロデューサー(「PRODUCE 101 JAPAN」練習生に投票する視聴者)の想像の斜め上を行く姿を見せるという決意が込められている。

PRODUCE 101 JAPANㅣ東京ㅣ【上原 潤(Uehara Jun)】自作ラップを紹介します!ㅣ@自己紹介_1分PR

上原潤といえば・・?その3

上原潤といえば、完成度の高いラップも有名。1分PRでは日本語・韓国語・英語の3か国語を使ったラップを披露し、ラップの実力だけでなく語学力の高さまでアピールしている。

また、第4話で公開されたポジション評価(1つのテーマ曲に対して2チームがパフォーマンスをし、現場の観客の投票で勝敗が決まる評価テスト)では、岡野海斗、中川勝就、稲吉ひかりとともにオリジナルラップを披露。聴き心地の良いラップとパンチのきいた歌詞でファンを魅了した。さらに、パフォーマンスの途中では「えーまじー?!」というセリフを使って、観客の雰囲気を一気に盛り上げている。

PRODUCE 101 JAPAN|1組|101オリジナル@#4 ポジションバトル (「えーまじー?!」は1:13~)

国プ(国民プロデューサーの略称)が求めているものを見抜き、それをうまく利用したステージを披露した上原。センスの良さと安定した実力で再び注目が集まった。

上原潤といえば・・・実はオールラウンダー!!

第5話の放送まで、上原は「ラップが上手でスタイルと顔が良い練習生」というイメージが強かったのではないだろうか。ところが10月31日に公開された第6話では、ラップの実力とビジュアルだけでない「オールラウンダー上原」の姿を見せてくれた。

第6話では、グループ評価(他のアーティストの楽曲を使って歌とダンスを披露し、評価を受けるテスト)のチーム分け及び、楽曲決めの様子が放送された。上原潤は、川尻蓮、浦野秀太、川西拓実、キム・ヒチョン、大澤駿弥と共に、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの「RAISE THE FLAG」を披露することになった。

グループ内でパート分けをする際、6人は曲中の一節を1人ずつ歌って担当を決めたのだが、そのとき上原潤が披露した歌声が国プの間で話題になっている。

彼らが歌っている部分はかなり高いキーが高い。そのため、メンバーの多くは声量か音程のどちらかに重きを置いて歌っているように見えた。しかし、上原は安定した声量と正確な音程の両方がそろったレベルの高い声で一節を歌い切った。

これには、見ていた国プもびっくり。まさに、予想の斜め上原潤だった。

また、上原はダンスの実力にも定評がある。「ツカメ~It’s Coming~」の推しカメラを見てみると、アイドルらしいさわやかな表情とプレーンでクセのないダンスを披露している。

【上原 潤(Uehara Jun)】東京l~ツカメ It’s Coming~l推しカメラ

一方で、グループ評価の推しカメラでは、上品でありながら男らしさも見えるパフォーマンスを披露。曲の雰囲気に合わせて様々な顔を見せてくれている。

【上原 潤(Uehara Jun)】推しカメラ|三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE♬RAISE THE FLAG@グループバトル

気になる上原潤の順位は・・?

ボーカル・ダンス・ラップの安定した実力だけでなく、美しいビジュアルまで兼ね備えている上原潤。ぜひ、デビュー組に入ってほしい。ところが、現在の彼の順位はなんと22位信じられない。実力に見合っていない順位に動揺している国プも多いようだが、彼の順位は初週から下がり続けている。

売れるアイドルグループを作るには、実力とビジュアルが重要だ。その両方を持ち合わせている上原をこのまま放っておいていいのだろうか。

デビューグループが決まった後に、「やっぱりあの子に入れておけばよかった・・・」と後悔することがないよう、国プは慎重に投票してほしい。

PRODUCE 101 JAPAN

「PRODUCE 101 JAPAN」鶴房汐恩と北川玲叶は仲良し? 謎に包まれた2人の関係を裏付ける決定的な証拠とは・・

2019年11月6日
PRODUCE 101 JAPAN

個性が光る練習生! 「PRODUCE 101 JAPAN」第3話で人気急上昇、井上港人に注目

2019年11月3日
PRODUCE 101 JAPAN

「PRODUCE 101 JAPAN」に激しい順位変動! トップグループの異変、急上昇する実力組・・6週目の順位発表は波乱の展開に

2019年11月1日

「PRODUCE 101 JAPAN」豆原一成、鶴房汐恩らが、BTSの「FIRE」を披露! 国プのハートを燃え上がらせるアツいパフォーマンスを展開

2019年11月1日
PRODUCE 101 JAPAN

内なる色気が大爆発「PRODUCE 101 JAPAN」じわじわと人気が高まっている練習生、木全翔也に注目

2019年10月31日