「PRODUCE 101 JAPAN」キム・ユンドン、チョン・ヨンフンが辞退! 先日のキム・ヒチョンに続き・・元HALOメンバー3人全員の番組降板が決定

キム・ユンドン(左)、チョン・ヨンフン

韓国のオーディション番組「PRODUCE」シリーズの日本版「PRODUCE 101 JAPAN」に出演していたキム・ユンドンチョン・ヨンフンがそろって、同番組を降板することが12月5日、公式サイト(https://produce101.jp/)を通じ発表された。

韓国のアイドルグループ HALO(ヘイロー)の一員として活動していたユンドンとヨンフンは、同グループのメンバーであるキム・ヒチョンとともに、「PRODUCE 101 JAPAN」に参加。

▼キム・ユンドン 自己紹介ビデオ

▼チョン・ヨンフン 自己紹介ビデオ

いずれもデビューメンバー入りも狙えるほど、人気の練習生であったが、11月28日にヒチョンが「一身上の都合により」番組を降板。残る2名は出演を継続すると見られていたが、番組終了まで残り2話というところで、ユンドン、ヨンフンも番組を辞退することになった。

「PRODUCE 101 JAPAN」出演の元HALOメンバー キム・ヒチョンが番組を降板! 残り2話・・“頼れるお兄さん”の突然の離脱にファンは動揺隠せず

2019年11月29日

▼歩数計ダンスバトルでは仲睦まじい姿を見せた2人

「PRODUCE 101 JAPAN」の運営側は、ユンドン、ヨンフンの辞退の理由は明らかにしていないものの「話合いを重ねた結果、本人たちの意向を尊重し、辞退を受け入れた」という。あわせて、2人の辞退を知らせるページにて、練習生たちへの誹謗中傷を止めるよう要請している。

▼グループバトルではBTSの「FIRE」を披露したユンドンとヨンフン

▼コンセプトバトルでも同じ「DOMINO」チームに

なお、ユンドンとヨンフンが辞退を申し出たのは、本日配信予定の11話(第三回順位発表式)の収録後であり、2人がファイナルに進出できる上位20位内に入っていた場合、残る18名で最終回に臨むのか、もしくは本来21位、22位であった練習生(脱落者)2名が繰り上げになるのかは現時点では不明である。


「PRODUCE 101 JAPAN」出演の元HALOメンバー キム・ヒチョンが番組を降板! 残り2話・・“頼れるお兄さん”の突然の離脱にファンは動揺隠せず

2019年11月29日
PRODUCE 101 JAPAN

「PRODUCE 101 JAPAN」未公開動画でわかる練習生たちの意外な一面とは・・

2019年11月14日
PRODUCE 101 JAPAN

「PRODUCE 101 JAPAN」練習生が考えた、自分を表わす言葉とは・・? ファンの気持ちをわかりすぎている …公式SNSで公開されたポスターのキャッチフレーズが話題に

2019年12月3日
PRODUCE 101 JAPAN

「PRODUCE 101 JAPAN」コンセプト評価は 歌もダンスもハイレベルなステージの連続! 総合一位に輝いたのは○○・・

2019年11月29日
PRODUCE 101 JAPAN

まさかの順位変動にビックリ! 波乱の「PRODUCE 101 JAPAN」コンセプト評価で注目を浴びたのはどの練習生?

2019年11月22日

「PRODUCE 101 JAPAN」は一切ヤラセなし! 韓国版「PRODUCE」シリーズの投票操作報道受け、番組サイドがコメントを発表

2019年11月19日
KPOP monsterをフォロー!