BTS Vの英語力が急激にアップ! まるでネイティブみたい・・ファンを驚かせた、たった2語のフレーズとは?

BTS V
BTS V

BTS(防弾少年団)が、米人気番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に出演。その際に、V(キム・テヒョン)がふと放った英語がとても自然だと話題になっている。

【動画】BTS Recaps the GRAMMYS, Looks Forward to ‘Map of the Soul: 7’

BTSは、現地時間1月29日、アメリカの人気トークショーに登場。最新曲「Black Swan」のパフォーマンスを世界初披露したり、おもしろいゲームに挑戦するなどして、番組を盛り上げた。その中でも、番組開始直前のVが、特にファンの注目を集めている。

それはホストのジェームズ・コーデンがBTSのいる楽屋と中継をつなぎ、あいさつを交わすシーンでのこと。ジェームズはBTSに「会えてうれしいよ!みんな元気?」とあいさつ。他のメンバーが「Yeah(うん)」や、「Good(いいよ)」と答える中、Vは「Never better」と答えたのだ。

「Never better」とは、直訳すると「これ以上にいいことはない」となるが、“絶好調だよ/最高の気分だよ”を意味する慣用句の一つ。一般的にネイティブの英語スピーカーの間でよく使われる表現で、この言葉がスラっとVの口から出てきたことにファンはビックリしている。

また、急激にVの英語力がアップしていることに、ファンはとても感銘を受けた様子。次々とVが「Never better」と言っている動画や写真などが拡散され、なんとツイッターのトレンドに「Never better」というワードがランクインしたのだ。

「テヒョンがNEVER BETTERって言った!!すごい英語が超上達している」

「NEVER BETTERはもうただの言葉じゃなくなった。テヒョンの力はすごい」

さらに、番組内でのトーク中、ジェームズ・コーデンが「振りを忘れたときはどうするの?」と質問。すると、Vは「It’s not in my vocabulary(振りを忘れることはないね)」と自信を持って答えた。

このフレーズも「それは僕の語彙にはない=ありえない」といったような意味にあり、英語の難しい表現の一つだ。

また最後にARMY(BTSのファン)へメッセージを贈るシーンでは、「We want the army to be happy through our music, and we will be there for you, we love.(僕たちはARMYに僕らの音楽を通して幸せになってほしいです。そして、愛しているみなさんのそばにいます)」と流ちょうな英語を披露している。

英語を話すVにファンは感動。番組出演に向けて、一生懸命に準備してきたことが伝わると感激している。


BTS出演番組キャプチャー

BTSとかくれんぼなんて夢みたい! 子供のようにアシュトン・カッチャーに抱きかかえられるジミン、ジン ・・おちゃめなシーン満載の楽しい映像が公開[動画]

2020年1月30日

BTS ジョングクを取り上げたポーランドのテレビ番組が炎上! 無礼すぎる発言とお粗末な内容にARMYが激怒

2020年1月29日
BTSジン、ブラッド・ピット(右)

BTS ジンのブラピ愛が止まらない! 次にコラボしたい相手は「ブラッド・ピット」と即答・・ハリウッドでの共演を期待する声も

2020年1月29日

BTS RM、またもやネタバレ? それともただの勘違い? リーダーのうっかり発言に所属事務所も大慌て!?

2020年1月29日
BTS

BTSのマイクが約900万円で落札!! チャリティーオークションでも人気を証明 ・・世界中から愛される彼らのマイクに詰まったBTSの思い出とは…

2020年1月29日
KPOP monsterをフォロー!