Stray Kids I.Nの両親はアイドルになることに反対だった!? 厳しい条件付きでも負けずに夢を叶えたサクセスストーリーを明かす

Stray Kids I.NNEWS
Stray Kids I.N

人気K-POPボーイズグループ Stray KidsのI.Nが、両親に反対されつつもアイドルになることを諦めなかった過去を明かした。

【動画】Stray Kids “Double Knot” Official Lyrics & Meaning | Verified

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

Stray Kidsは先日、アメリカのメディア Geniusの公式YouTubeに登場、ヒット曲「Double Knot」に込められた意味について語った。

同曲の歌詞に「Anywhere I go / My decision, my life(どこへ行っても、自分の決断、自分の人生)」という部分がある。これは、メンバーのI.Nが歌手になることを決めた際に、両親に反対されたときの経験からインスパイアされて誕生した歌詞だという。

当時、I.Nは、歌手を目指すにあたって、父親にある条件を設けられたという。それは「中学を卒業するまでに事務所に所属できなければ、歌手になる夢を諦めて、家にもどり勉強する」というもの。かなり厳しい条件だったが、I.Nは自分が本気で歌手を目指していることを証明するために、必死で努力を重ねた。

そして見事、韓国の3大芸能事務所の一つと知られているJYPエンターテインメントに入所。2017年にはStray Kidsの最年少メンバーとして念願のデビューを果たしたのだ。

そんな過去の経緯を反映させて誕生したのが、上述の「Double Knot」の歌詞なのだ。I.Nは、「自分の決めた道を誇りを持って歩くこと」が大切だというメッセージを込めたのだという。

【動画】Stray Kids “Double Knot (English Ver.)” Performance Video

KPOP monster SNSをフォロー!
NEWS
KPOP monster
テキストのコピーはできません。