TWICE ツウィ、コロナウィルス拡散防止のために約450万円を寄付、称賛の声集まる中、中国ネットユーザーからはバッシングも

TWICEツウィNEWS
TWICEツウィ

TWICEの末っ子メンバー ツウィが、新型肺炎コロナウィルス拡散防止のために寄付をおこなった。

大人気K-POPガールズグループ TWICEのツウィは、去る2月29日、韓国の社会福祉共同募金(愛の実)に対し、新型コロナウィルス拡散防止のために5,000万ウォン(約450万円)を寄付した。

ツウィは募金を通じて「みなさんが健康でいることを祈っています」というメッセージを伝えた。

彼女の心温まる行動に、多くのファンから称賛の声が寄せられている一方、彼女の行動に批判的な人も一部いるようだ。

ツウィが寄付したのは、韓国の大邱(テグ)、慶尚(キョンサン)北道地域の人々への被害支援、および拡散防止をサポートしている団体だったのだが、中国の一部のネットユーザーは、台湾出身であるツウィに対し、台湾や中国への支援がないことに不満を感じているという。

しかしその後、中国の慈善団体「暖流計画」が、ツウィから30万元(約460万円)の寄付金を受け取ったことを公表。海外からの送金であるため、手続きに時間がかかり発表が遅くなったと説明した。一部ネットユーザーからの批判は的外れなものであったようだ。

コロナウィルスの患者支援や拡散防止のために立ち上がる動きは韓国の芸能界全体に広がっている。ツウィの寄付に先立ち、28日にはツウィの所属事務所JYPエンターテインメントも、5億ウォン(約4,500万円)を寄付した。

またSuper Juniorは、29日、愛の実にマスクを1万個寄付。メンバーのウニョクは28日に希望ブリッジ全国災害救護協会に1億ウォン(約1,000万円)の寄付を行った。

他にも、歌手/俳優のジェジュンも同団体に3,000万ウォン(約270万円)の義援金を寄付するなど、さまざまなが新型肺炎問題に対してサポートする姿勢をみせている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。