BTS V、特技はファンをドキドキさせること!? 甘々なセリフでファンを翻弄

BTS VNEWS
BTS V

BTS(防弾少年団)Vの特技は、ファンをドキドキさせること? 彼の素直すぎるコミュニケーションがファンを困惑させているようだ。

過去に、V(キム・テヒョン)は、世界中のファンとの言葉の壁をなくすため、「英語を話すのは得意じゃないですが、みなさんを愛することはできます」とコメント。英語で、ファンに素直な気持ちを伝えた。

このように、Vは素直に自分の気持ちを伝える。ファンにとってはそれがストレートすぎてドキドキしてしまうようだ。

4月17日、VはBTSの公式ファンコミュニティを訪問。様々なファンの投稿にコメントを返していた。

その中に、「テヒョンは昔の曲が好きで、イタリアが好きでしょ。だからこの曲がおすすめ。絶対に好きだと思う」とジーノ・パオーリ(Gino Paoli)の『Il cielo in una stanza』を勧める投稿があった。

すると、Vはさっそくその曲を視聴。そして「僕の好みをよくわかってますね」と感想を述べた。Vは本当に感じたことを言っているだけなのだが、ファンは胸キュン。ガッツリ心を奪われてしまったようだ。

「いやいや、こんなこと言われたらやばい」

「どうしたらこんな言葉が口から出てくるの?」

「もし私が“僕のことよくわかってるね”って言われたら、終わってる」

Vは過去にも、勉強をがんばっているARMY(BTSのファン)に対して、「一緒に勉強しよう。後で詳しいこと教えてあげます」とコメントしたり、「一緒に寝ましょう」と言うなど、予想外の発言でファンをドキドキさせている。


KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。