BTS ジョングク、J-HOPEに激怒された“あの事件”の真相を明らかに! 過去の配信で語られたまさかのエピソードにファン爆笑… 愛されマンネがヒョンのお叱りを受けたときとは… 当時のジョングクが感じた“学び”にも注目

(左)BTS J-HOPE(右)ジョングクNEWS
(左)BTS J-HOPE(右)ジョングク

BTS(防弾少年団)ジョングクが、J-HOPEに激怒されたというデビュー当初の“あの事件”の真相を告白。過去の配信にて明らかとなったその詳細に、ファンは爆笑している。

グループの末っ子としていつもメンバーたちに愛され、まだまだ思春期の真っただ中だった練習生時代から、その成長をどんなときもメンバーたちに見守られているジョングク。しかしそんなジョングクにも、ヒョンであるメンバーに意外にも激怒された過去があったという。

注目を集めたのは、ジョングクが2018年4月におこなったVLIVEでの個人配信。ご飯を食べながらファンとの交流を楽しむジョングクだったが、ファンが驚いたのはそんな配信で語られた“ある事件”についてのエピソードだ。

その事件とは、配信の前からファンの間で話題になっていた「バナナ事件」。BTSのドキュメンタリー映画「Burn the Stage」で言及されたことからファンの注目を集めたその事件だが、配信にてファンは「バナナ事件について詳しく教えてほしい」とジョングクに質問。ファンの言葉に笑ったあと、ジョングクは当時のことについてこう明らかにした。

「デビュー当初、ファンのみなさんから果物のプレゼントをもらったんです。それが僕の名前で来て、不思議でうれしかったんです。でもそれをみんなで一緒に分けて食べたんですが、僕のものをいくつか残したかったんです。それで、そのとき僕がなんて言ったのかはわかりません。『僕のです。だから食べないで』って言ったのかな? そしたら急にホビヒョン(J-HOPE)が横からバナナを『おまえが全部食べろ!』って投げてきたんです。

メロンが僕は大好きなんですが、メロンを1つ食べて、もう1つ食べようとしたから『ヒョン、これは僕のです。僕が食べるものなんです』って言ったら、『もういい! おまえが全部食べろ!』って。そのとき、(J-HOPEのような)こういう人もこうやって怒ることがあるんだってことをあらためて感じました」

BTS Live : JK(該当シーンは31分50秒頃~)

ファンは、ジョングクが語った「バナナ事件」のまさかのエピソードに爆笑。まだいろいろなことに対し敏感だったデビュー当時だからこそ起きたような食べ物の争いに、ファンからは「まさにバンタンって感じのエピソード」「微笑ましすぎて笑っちゃう」「バナナを投げられたジョングクが感じたことが面白すぎる」と絶賛の声が送られた。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。