SEVENTEENの歌詞は難しい?! 韓国人でも聞き取れない歌詞に作詞・作曲担当のウジの見解は・・

SEVENTEEN ウジ
SEVENTEEN ウジ

SEVENTEENの楽曲の作詞・作曲を担当しているメンバーのウジが「韓国人も聞き取れない歌詞」について真相を語った。

SEVENTEENの曲の歌詞は、韓国人の間でも「歌詞を見るまで聞き取れない」ことで有名だ。

韓国のテレビ番組「놀라운 토요일(驚くべき土曜日)」の中の「도레미 마켓(ドレミマーケット)」は、流れてくる曲の歌詞を書きとるゲームが人気のコーナーだ。100回を超える放送の中でも、SEVENTEENの歌詞の書き取りはトップクラスで難しいらしく、番組出演者たちの多くが、歌詞を聞き取ることができずに大苦戦している。

番組公式のSEVENTEENまとめˆˆ

SNS上では、SEVENTEENが新曲のティーザーを出すたびに、ティーザー内の歌詞当て合戦が繰り広げられる。「この部分の歌詞は〇〇だと思う」「△△では?」と様々な推測が飛び出すのだが、中には「韓国語なのか英語なのかもわからない」といった意見もある。

SEVENTEENが発表している楽曲のうち約90%の作詞・作曲を担当するウジは、こうした状況について、どう思っているのだろうか?

日本で放送されたあるテレビ番組で、SEVENTEENのメンバーたちがウジの作る曲の特徴について意見を交わしていた。そこで上がった話題の一つに、歌詞が微妙な部分で切れるという特徴が挙がった。メンバーたちは、「なぜそのように曲を作っているのか」ウジに尋ねた。

ウジによると、そうした表現は自然にできたものだという。最初から単語の途中で切ろうとしたわけではなく、単語の途中で新しいメロディーに繋げることで、感情がぶつ切りにならず曲を聴けるようにした結果、独特な表現が誕生するのだそうだ。

「歌を聴いているときに、歌詞がブツブツと切れると聴いている人たちの感情もそこでブツブツと切れてしまうように感じたので、言葉を繋げるようになったんです」(ウジ)

SEVENTEENのファンたちの間では、彼の作曲の才能を称えて「韓国のモーツァルト」というあだ名で呼ばれることもあるウジ。彼の才能は、曲を聴く側の感情を考えた作詞・作曲の方法にも現れているようだ。


SEVENTEEN ホシ&ドギョム

爆笑必至! SEVENTEEN、おもしろ動画5選

2020年7月22日
SEVENTEENスングァン

SEVENTEEN スングァン、足首の負傷により一時活動休止を発表・・・しばらく12人体制で活動へ

2020年7月21日
SEVENTEEN ドギョム

SEVENTEEN ドギョム、メンバーの衣装を紹介しようとするも失敗?! まさかのいたずらでドギョムを困惑させたメンバーとは‥? [動画あり]

2020年7月21日
SEVENTEEN ジョシュア

SEVENTEEN ジョシュア、伝説の“アノ動画”の衝撃がやっぱりハンパなかった! 今でも語り継がれるジョシュアの驚くべき美貌が最強すぎる… だれもが一目で恋に落ちるカリスマにファンメロメロ

2020年7月21日
SEVENTEEN ジョンハン

SEVENTEEN ジョンハン、なんと撮影中に突然○○を披露! 本当にこれがダンス動画なの…? メンバーたちとの温度差が違いすぎる予想外の行動にファンびっくり&大爆笑

2020年7月20日
KPOP monsterをフォロー!