オランダの放送局がBTS(防弾少年団)やK-POPを批判!? 「どこかのヘンな国のリーダー?」

BTS(防弾少年団)

オランダの放送局ホストが、BTS(防弾少年団)のV(キム・テヒョン)を紹介する際、説明の仕方が不適切だったと指摘されている。Kpopmapが伝えている。

先日も、米ABC局のキャスター、ケンディス・ギブソンが、韓国発の大人気グループBTS(防弾少年団)を紹介する際、不適切な発言をしファンから反感を買ったばかり。また英ラジオ局のホスト ローマン・ケンプも、BTSの音楽を「騒音」と言うなどして、批判の声があがっていいた。

そんな中、またしても欧米の番組番組のホストが、BTSに対して不適切な発言をしたとして、批判を浴びているようだ。

今回問題となっているのが、オランダのテレビ番組での男性ホストの、ある発言。番組の中で、BTSのVが「世界でもっともハンサムな男性」に選ばれたことを紹介した。しかし、番組ホストは、K-POPアイドルが、オランダ出身の俳優マイケル・ユイスマンをおさえて、1位に輝いたことに良く思っていなかったのか、誤解を生むような発言をしたという。

番組内で、現在「世界でもっともハンサムな男性」のトップは誰か?と質問されると女性ホストは、「多分、知っていると思うけど、キム・テヒョン(V)です」と答えた。すると男性のホストは、「知らないな。どこか変わった国のリーダー?」と聞き返したのだ。女性のホストがすぐに訂正をしたが、これはVに対して失礼な発言だとファンを怒らせている。

また、Vの写真を紹介する際に、少し前のものを使用しており、いい写真を使っていないことに対しても腹を立てているようだ。

あるファンは次のように指摘している。

「欧米、特にヨーロッパでは、明るい髪色をしていたり、メイクアップをしている人はバカにされることがある。でも、こんなにたくさんVの素敵な写真がある中で、なんで誤解されるような、この明るい髪色の写真を選んだの?普通かっこいい人を紹介するなら、かっこいい写真を選ぶでしょう?なぜ、この古い写真を使っているのかな」

さらに、男性ホストがK-POPの紹介をしている際、もう一人の男性ホストは「ゲイ・ポップ?」と聞きかえし、それに対して女性ホストが笑っている。

オランダの番組ホストの、こうした一連の発言や態度に、BTSのファンたちは怒りが収まらないようだ。

「彼らが怒っていようが、なんだろうが、Vが1番ハンサムなことは変わらない」

「失礼な人たちね。可哀想に感じるわ」

「世界中のARMYに叩かれればいい」

【動画】今回批判を浴びているオランダの番組

ケンディス・ギブソン、BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)についての不適切発言で批難されている米ニュースキャスター、謝罪なく、さらにファンを挑発!?

2018年10月4日
BTS(防弾少年団)

米ニュースキャスターがBTS(防弾少年団)について不適切な発言!? 小バカにしたような口調で「足を広げたダンス」「ポエムのようなスピーチ」

2018年10月2日
BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)を「騒音」と呼んだラジオDJにファンが激怒! 「欧米のアーティストにも同じことを言うの?」

2018年10月1日
BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)、「アメリカン・ミュージック・アワード」受賞! K-POPグループとして初の快挙

2018年10月11日
BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)ロンドン公演、ジョングク、足負傷で踊れず涙! ファンと結んだ約束とは・・?

2018年10月11日