JO1、 日本から世界を魅了! ファンからの直筆メッセージが描かれた舞台で感謝を伝える・・・ 新曲「OH-EH-OH」から「無限大(INFINITY)」まで多様なステージを披露

JO1
JO1

韓国 100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営する CJ ENM Japan 株式会社の韓国本社である株式会社 CJ ENM と韓国コンテンツ振興院は、10月25日(日)まで YouTube にて『KCON:TACT season 2』を開催している。

16 日(金)から 18 日(日)まで繰り広げられた『KCON:TACT season 2』には、韓流アーティストだけでなく有望な新人たちが出演。K-POP コンサートと MEET&GREET コーナーを通じて、ミニファンミーティングの時間を設けた。

日本からはJO1が参加し、特別な意味を加えた。「OH-EH-OH」、「GO」ですばらしいパフォーマンスを披露したJO1は、世界中のファンが視聴しているだけに、外国語で挨拶をして雰囲気を盛り上げた。 続く「So What」、「無限大(INFINITY)」では落ち着いたカル群舞が視線を釘付けにした。最後の曲「My Friends」では世界のファンの直筆メッセージを舞台の背景に使い、世界中のファンたちに感謝の舞台をプレゼントした。

『KCON:TACT season 2』の初日(16 日)には DAY6(Even of Day)、EVERGROW、SUNMI、WEiが出演し、世界中の韓流ファンを魅了した。 オープニングパフォーマンスではDAY 6(Even of Day)が「Landing」をバンドライブ演奏で披露し、初日のスタートを飾った。 その後、「波が終わるところまで」と「Landed」でこの祭典の夜をしっとりとさせ、世界中の至る所で感性の波を引き起こした。 ファンがリクエストする舞台を披露するファンリクエストの第一走者としてONFのヒョジンとともに「綺麗だった」という曲を準備。 オンラインコラボレーションで行われた今回のステージを、ヒョジンの甘い声と DAY6(Even of Day)の演奏が調和をなし、ファンにサプライズプレゼントを贈った。

EVERGROWは近頃発表した2枚目のミニアルバムのタイトル曲「LA DI DA」、「DUNDUN」、「Adios」など強烈なパフォーマンスで注目を集めた。 また、EVERGROWは、MEET&GREET コーナーで、モバイル AR ドローイング技術を使って絵を描き、立体的に浮かび上がった絵を見ながら、ファンと一緒にクイズの答えを当てるゲームを進行。ファンの活発な参加によってチャットの数が一定水準を超えれば埋め尽くされる AR タワーを完成させ、メンバーらは感謝の気持ちを伝えた。

次の走者としてWEiが出演。 初のミニアルバムタイトル曲「TWILIGHT」とEXOの「LOVESHOT」カバーステージなどを飾った。サンフランシスコにいるファンと初のビデオ通話をしながら応援のメッセージを交わす感動的なイベントにも時間を費やした。

最後に登場した SUNMIは突出したカリスマ性で全世界を圧倒。 特に『KCON:TACT season 2』で初公開される「Gotta Go」、「Siren」、「pporappippam」まで続く舞台は、幻想的な拡張現実空間のように時空を超える感覚を与えた。 SUNMI は「ファンを見ることができなかった喉の渇きが潤すことができたようです。KCON:TACT に感謝しています」と感想を伝えた。今シーズン初のファンフューチャリングステージは SUNMIの「Gashina」。 「Gashina」に合わせて踊るファンの姿がSUNMIの後ろに現れ、感覚的なパフォーマンスを披露した。

インタラクティブ AR 技術を具現した MEET&GREET コーナーを通じてアーティストとファンが双方向コミュニケーションを図った

インタラクティブ AR 技術を具現した MEET&GREET コーナーを通じてアーティストとファンが双方向コミュニケーションを図った

2日目(17 日)はJO1とA.C.E、IZ*ONE、KARD、Nattyが舞台に登場した。

 

JO1に次いでステージ立ったのは、独歩的なコンセプトで愛されている A.C.E。 「Intro: escape」と「Favorite Boys」で登場したA.C.Eは、韓国の伝統衣装で韓国的な美を漂わせながら高クオリティパフォーマンスを披露し、世界中の視線を釘付けにした。『KCON:TACT season 2』で初公開する「Hell」の舞台を準備し、ファンを熱狂させた。

続いて新鋭のNattyの舞台も見ることが、 デビューシングル「NINETEEN」でさわやかな魅力を披露した Nattyは、ファンとのコミュニケーションにも一層余裕を示し、ハッピーウイルスを伝播させた。 Mnet の「グッドガール」でメンバーだった KARDのチョン·ジウと CLC のチャン·イェウンは、イ·ヒョリの「10Minute」をカバーしたシークレットコラボレーションステージで世界のファンを熱狂させた。

これに KARDが熱気を加え「GUNSHOT」を披露。まるで未知の森の世界にいるような舞台背景と KARD の完璧なパフォーマンスは時空間を超越する恍惚感を与えた。ファンゾーンイベントでアメリカのジョージアにあるファンの部屋に画像招待された KARD は、ファンとの和やかなケミストリーを見せてくれた。 またファンフィーチャリングステージ「Oh NaNa」ではファンの声がステージを埋め尽くし特別な感動を与えてくれた。

2日目の最後は IZ*ONEが飾った。 IZ*ONE は『KCON:TACT season 2』だけのためのファンリクエストステージとして、日本の新曲「Beware」を特別に準備し注目を集めた。 机の上の小さくなった舞台で、メンバーたちは愛らしい魅力を披露。 その後、宇宙空間に移された舞台で「FIESTA」などのパフォーマンスを披露した。

IZ*ONE はファンフィーチャリングステージ「Airplane」で ファンへの愛を惜しみなく表現した。 紙飛行機を持ったファンの姿が後ろに浮かび、まるで一つの空間でステージを飾っているような印象を与えた。MEET&GREET コーナーでは IZ*ONE のメンバーたちがエネルギッシュな姿でファンたちの反応を誘導し、ENM on アーティストハウスと ARタワーを完成させて楽しいひとときを過ごした。 視聴者が直接後援金を送れる機能“スーパーチャット”を通じて得た収益金はユネスコ「ランニングネバーストップ」キャンペーンに寄付する予定で、とても意味深いものになった。

左)DAY6(Even of Day)と ONF ヒョジン、右) IZ*ONE

左)DAY6(Even of Day)と ONF ヒョジン、右) IZ*ONE

18日に行われた3日目の『KCON:TACT season 2』では、ATEEZとDREAMCATCHER、Kim WooSeok(キム・ウソク)、Lee Eun Sang(イ・ウンサン)、WOODZ(チョ·スンヨン)がファンの心をがっちりと掴んだ。

DREAMCATCHER は「BOCA」「Break The Wall」などのカリスマあふれる舞台を披露しファンを熱狂させた。「Red Sun」のパフォーマンスはワンテイクカメラ技法で撮影され、振り付けの躍動性がより際立てた。

その後に登場した Lee Eun Sang(イ・ウンサン)は「Beautiful Scar」、「Mirage」、「歌いたい」の舞台を次々と披露し、次世代男性ソロ歌手としての地位を固めた。 WOODZ(チョ·スンヨン)は「Love Me Harder」「Waikiki」などで見せたステージ上での綺麗な心配りと洗練されたパフォーマンスを披露。 Kim Woo Seok(キム・ウソク)は致命的でありながらセクシーな魅力の「Red Moon」と「Beautiful」のステージでファンの目を釘付けにした。

ファンが期待する内容のファンリクエストステージで、Lee Eun Sang(イ・ウンサン)と Kim Woo Seok(キム・ウソク)は二人が直接作詞·作曲に参加し、甘いボーカルと美しい歌詞で構成された曲「Memories」を披露した。

WOODZ(チョ·スンヨン)もまた、Kim Woo Seok(キム・ウソク)と共に 10CMの「抱きしめて」をカバーし、特別なコンビネーションを披露した。

この日 ATEEZは最近発売した曲「INCEPTION」でオープニングパフォーマンスを披露し、日曜日のコンサートの華麗な幕を開けた。 自分たちの自我を探し求めた旅程を描いた曲「Answer」と「My Way」など様々なパフォーマンスを披露したにもかかわらず乱れなかったカル群舞を誇り、ATEEZもまた、MEET&GREET コーナーで世界中のファンと双方向コミュニケーションを行った。インタラクティブ AR 技術を駆使して、みんなが遠く離れていても同じ空間にいるような印象を与えた ATEEZ は、ファンと一緒に楽しい時間を過ごした。

韓国コンテンツ振興院が支援する 6 チームの K インディーズ ミュージシャンたちのフリーステージが繰り広げられた

韓国コンテンツ振興院が支援する 6 チームの K インディーズ ミュージシャンたちのフリーステージが繰り広げられた

韓国コンテンツ振興院が支援する 6 チームの K インディーズミュージシャンたちが K-POP コンサート直前にプレショーステージを繰り広げ Kカルチャーフェスティバルの意義を高めた。 彼らはK-POPの代表ミュージシャン育成事業である「ミューズオン 2020」に選定されたミュージシャンたちで世界中に K-POP の多様なジャンルと魅力を披露し、残りの3チームの公演にも期待が集まっている。

『KCON:TACT season 2』の番組別出演者

『KCON:TACT season 2』K-POP コンサート

日程
出演アーティスト(ABC 順)
K-POP コンサート

10/16(金)
DAY 6(Even ofDay), EVERGLOW,SUNMI, WEi

10/17(土)
A.C.E, IZ*ONE, JO1,KARD, Natty,IZ*ONE, JO1, KARD

10/18(日)
ATEEZ, DREAMCAT,CHER, Kim WooSeok(キム・ウソク),Lee Eun Sang(イ・ウンサン),WOODZ(チョ·スンヨン),ATEEZ, DREAMCATCHER

10/23(金)
ONEUS, ONF, THE BOYZ ,VERIVERY

10/24(土)
AB6IX, HA SUNGWOON, KIM JAEHWAN(キム・ジェファ
ン), PARK JIHOON

10/25(日)
CLC, GHOST9, LOONA, MAMAMOO,TOO,CLC, LOONA, MAMAMOO

KCON公式サイト:http://kconjapan.com/

ⓒ@CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.


IZ*ONE ユリ

IZ*ONE ユリ、前歯に“アレ”がついたままカメラに映っていた?! まさかの姿にメンバー大爆笑! 恥ずかしすぎるユリの姿とは‥?[動画あり]

2020年10月21日
ソン・ドンピョ

X1出身 ソン・ドンピョ、初のオンライングローバルファンミーティング開催決定! 今まで見せたことのない多様な魅力を披露へ

2020年10月20日
IZ*ONE

IZ*ONEがミニチュアになって登場!? 最新曲「Beware」を世界に向けて初披露! かわいらしいパフォーマンスでポップな世界観を表現

2020年10月20日
IZ*ONE ユジン(左)、矢吹奈子(右)

IZ*ONE 矢吹奈子、新ヘアスタイルがまるで妖精みたいにかわいすぎる! ツインテールからハーフアップまでどんな髪形も完璧に似合う・・ “あんこず”の相方ユジンとのお茶目でかわいらしいビジュアルのオフショットを大公開

2020年10月20日
JO1 豆原一成、木全翔也/(C)AbemaTV,Inc.

JO1 豆原一成、13歳のけん玉世界王者の超絶テクに大コーフン! JO1メンバーたちもけん玉に挑戦・・その腕前は?

2020年10月19日
JO1 木全翔也

JO1 メンバーの個性が全開! 大量の写真とともに取材会の様子をレポート! コメントも紹介 [ 木全翔也・佐藤景瑚・大平祥生編 ]

2020年10月8日
KPOP monsterをフォロー!