BTSが選ぶ、一番自分をよく表している楽曲はなに? 新曲からファンに大人気のあの名曲まで・・・メンバーそれぞれが自分にぴったりだと思う曲を明かす

BTS
BTS

音楽プロデューサーとしても活躍し、自身の楽曲制作にも積極的に携わっているBTS(防弾少年団)。これまで数々のヒット曲を世に送り出してきた彼らだが、BTSの音楽のなかで「この曲は自分にぴったりだ」と感じる曲は、一体どの楽曲なのだろうか。米雑誌 Esquire(エスクァイア)とのインタビューで、それぞれのメンバーが“自分らしい”と感じる曲を明かしている。

RM

BTSのリーダー RMが選んだのは、彼らの最新曲「Life Goes On」。同曲は“人や人生(生活)”を歌った曲であるため、自分についてもよく表現していると感じていると語った。

ジン

最年長メンバー ジンが選んだのは、「Spring Day」。同曲は、ファンが好きなBTSの曲ランキングでも、常に上位にランクインする人気曲。そんな「Spring Day」が表す、“過去に迷い、過去を待ち望んでる”という部分にジンは共感するようだ。また楽曲と同じように、自分も“甘く、陰気”なところがあると明かした。

シュガ

シュガが選んだのは、「FIRE」だ。シュガは同曲の作詞作曲にRMと共に参加している。また楽曲の冒頭部分にある「燃えてるね」やエンディング部分の「許してやる」というセリフを担当しており、彼がメインとして登場する曲であるため、気に入っていると話した。

J-HOPE

J-HOPEが選んだのは、「MIC Drop」。J-HOPEは元々、ストリートスタイルのダンスを踊っていたため、「MIC Drop」のヒップホップ全開のパフォーマンスが自身にぴったりだと感じているようだ。また、歌詞には当時、メンバーたちが伝えたかった思いが込められており、その点も気に入っているそうだ。

ちなみに、ファンの間でも「MIC Drop」は“J-HOPEの時代”と言われており、彼の選択にARMY(BTSのファン)も納得している。

ジミン

ジミンが選んだのは、「Young Forever」と「Answer: Love Myself」の2曲。その理由は、この2曲には“BTSのメンバーと一緒に、ARMYのために何年も歌い続けていたい”という彼の気持ちがよく表現されているからだという。

V

Vが選んだのは、BTSにとってまた新しいキャリアのはじまりにもなった大ヒット曲「Dynamite」。Vは、同曲の全体的なコンセプトやアップビートなレトロ感、そしてヴィンテージの衣装がまさに自分にぴったりだと感じたという。

また「Dynamite」は、他のBTSの楽曲に比べて振り付けも簡単だったため、リラックスして踊ることができたと語った。

ジョングク

ジョングクが選んだのは、「We are Bulletproof: the Eternal」。ファンは彼のソロ曲の方が、彼をよく表していると思うかもしれないが、ジョングクにとっては同曲こそ、自分のすべてを表した作品だという。

ジョングクは自分が言うこと、考えること、成長したことなど、すべてはメンバーが側にいてくれたからだと説明。そんな彼の「すべてやり遂げられたのは、メンバーのおかげだ」という思いが、すべてこの楽曲に詰まっているそうだ。


BTS V

BTS V、スタッフが隠していた“あるヒミツ”を大暴露! メンバーたちを苦しめた“あのゲーム”に隠されたその思いがけない真実とは… Vの言葉につい笑ってしまうスタッフ陣との関係性がかわいすぎるとファンほっこり

2020年11月26日
BTS ジョングク

BTS ジョングク、自身が信じる「成功の法則」を初告白! それはなんと“わざと○○する”こと… 器用すぎる黄金マンネ・ジョングクが明かした驚きの成功の秘訣とは

2020年11月25日
BTS V

BTS V、交友関係が“ワールドワイド”すぎる! 大人気作品に出演した“アノ人”とツーショット… 世界規模で活躍する2人のイケメンにファン大興奮

2020年11月25日
BTS

BTS、突然スタッフたちに苦情を訴えまくっていた! その理由はまさかの○○にミスがあったから… 口々に大ブーイングするメンバーたちの必死さ&団結力にファン爆笑

2020年11月25日
BTS RM

BTS RM、興奮しすぎてスマホを投げ飛ばしていた! “破壊神”の本領発揮… 見ているこっちが心配になるほど“雑すぎる扱い”にファン大爆笑

2020年11月25日
BTS ジン

BTS ジン、実は「自分よりカッコいい」と認める“唯一の人物”がいた! ワールドワイドハンサム・ジンが明かしたそのまさかの人物とは… ジンの告白が衝撃的すぎるとファンびっくり

2020年11月24日
KPOP monsterをフォロー!