BTS V、おなじみの“あの特技”のせいでメンバーから“大ブーイング”をくらっていた! その結果“斬新すぎるあだ名”までつけられて… 目を見開いたままかたまってショックを受けるVの様子がかわいすぎると爆笑

BTS V
BTS V

BTS(防弾少年団)Vが、ファンにもおなじみの“あの特技”のせいで、メンバーから大ブーイングをくらっていたことが明らかに。その結果つけられた“あだ名”が切なすぎると、ファンを笑わせている。

BTSは1月19日、バラエティ番組「Run BTS! 2020」のエピソード125を配信し、メンバーたちがハムを使った料理で対決する様子を公開。ニガテな料理にも一生懸命取り組むメンバーたちの姿に、ファンは「かわいすぎる」と絶賛の声を送った。

するとそんな番組の中で、V“あの特技”のせいで、思いがけずメンバーからブーイングを受けていたことが明らかに。その思わぬ展開はもちろん、つけられた“あだ名”まで切なすぎると、ファンを大笑いさせている。

それは、先生として登場した料理研究家のペク・ジョンウォン氏が、V・ジン・ジミンの3人で構成されたチームの料理を審査していたときのこと。ハムの焼き加減に自信なさげなジミンの心配とは裏腹に、ペク先生は「焼き加減ちょうどいい」と大絶賛。その腕前をほめたたえた。

しかし次の瞬間、喜ぶメンバーたちを前にペク先生の口から飛び出したのは「上にかかってるパセリはあれだけど」というまさかの一言。実はこのパセリ、ファンの間でも”(料理などの)デコ担当”としておなじみのVが、丹精込めて振りかけたもの。この先生の言葉に、ジンとジミンはすかさず「それを!」と叫んでVを指さしてアピールし、当のVは目を見開いたままかたまって衝撃をあらわに。そんなVの姿に、J-HOPEとRMは「服の色からもうパセリだよ」「ほぼ人間パセリです」とコメントするなど、ショックを受けるVにおかしなあだ名までつけてしまったのだ。

Run BTS! 2020 – EP.125(該当シーンは24分33秒頃~)

“デコ”という自慢の特技で思いがけないブーイングを受け、そのショックをハッキリと表現したV。さらには「人間パセリ」という斬新すぎるあだ名までつけられてしまったVの様子に、ファンは「かわいすぎるw」「感情が思いっきり出てるw」と爆笑している。


BTS V

BTS V、なんと撮影そっちのけで“とんでもない行動”をとっていた! なんでそんなこと思いつくの・・? 4次元キャラ大爆発の謎すぎる行動にビックリ & 大爆笑

2021年1月20日
BTS V

あなたもBTS Vと“最高のデート”をしてみない? 恋人・Vと過ごす“幸せすぎる日常”が一目でわかる写真の数々にファン衝撃… 一緒にご飯を食べたり旅行をしたり… 愛にあふれたVとのデート風景に「今すぐ現実になってほしい」と絶賛の声殺到

2021年1月19日
BTS V

BTS V、もはやファンサービスが“恋人に見せる行動”そのものだった! とつぜんキスを送るとイタズラっぽくほほえんで… 大興奮のファンを前に“してやったりな表情”で満足げに立ち去る姿までさすがすぎると衝撃を隠せない人続出

2021年1月18日
BTS V

BTS V、なんと“あの女性”をスマホのロック画面に設定していた! チラリと見えた“超セクシーで美しい女性”の姿にファン驚愕… 毎日見るその場所にVが選んだ女性の正体がまさにピッタリだと納得&感動

2021年1月18日
(左)BTS V(右)ジョングク

BTS V、収録中に一切話さなくなった理由はなんと“ジョングク”だった! とつぜん黙りこくって何かに集中しはじめて… 困り果てたジョングクをひそかに助けようとするVの行動&優しさにあふれた2人のやりとりに視線くぎづけ

2021年1月17日
KPOP monsterをフォロー!