BLACKPINK ジェニー、EXO カイとの恋愛を連想させるソロ曲「SOLO」の新ラップ詞がクールで超カッコいい! 「あなたの女だったけど気にしないで・・」

BLACKPINK ジェニー
BLACKPINK ジェニー

BLACKPINK ジェニーの作詞能力の高さが話題を集めている。

1月31日、YouTube内でBLACKPINK初のオンラインライブが行われた。

ライブで2018年にリリースされた自身のソロ曲「SOLO」を披露したジェニー。大ヒットしたこの曲を魅力的に堂々と歌い上げ、ガールクラッシュクイーンの名をほしいままにした。

そのステージパフォーマンスのレベルの高さもさることながら、曲中のラップ詞にも注目が集まっている。

この曲はYGエンタの名物プロデューサーTEDDYが作詞作曲したものだが、今回の公演ではジェニー本人がラップ詞の一部を書き下ろして新しいバージョンを披露したのだ。

新しいラップには、「あなたの女だったけど気にしないで、過去のことだから」「あなたをDDU DUって撃つ」「ほしいものは全て手に入れた、失ってもいいように」「私は敗者じゃなくて勝者、WとELLEの表紙も飾った。もう売れ切れて残ってないけど」「SOLOだけど感謝すべきたくさんのものをもらった。私の目を見ればわかるわ。まばたき(BLINK)するたびに」などのフレーズが並んでいる。

これらの詞は、EXO カイとの恋愛と破局、その後の自身のスターとしての活躍など、ジェニー自らの体験にもとづいていることを予想させる。また、ラップの最後にはBLACKPINKのファンの愛称であるBLINKとかけてファンへの感謝もつづっている。

さらに、全て英語で書かれたこのラップ詞は完璧なライム(韻)で、「元の詞よりラップとしての完成度が高いのでは」とも言われ、ジェニーの英語力と作詞能力が高く評価されている。

これにファンからは
「ラップだけで一気にトリコになった」
「待って、これ全部ジェニーが書いたの?うますぎる」
「ジェニーにしか書けないし歌えない詞」
など、多くの称賛の声が集まっている。


BLACKPINK

BLACKPINK、初のオンラインコンサートは大盛況! ロゼはソロ曲「Gone」を初披露、視聴者は28万人を突破! YouTubeクイーンの名に恥じない圧巻のステージを披露

2021年2月1日
SEVENTEEN ジョンハン(左)BLACKPINK ジェニー(右)

SEVENTEEN ジョンハン & BLACKPINK ジェニー、なんと“お揃いのポーズ”! 愛らしさあふれる2人の姿に世界中のファンが胸キュン・・天真爛漫なキャラクターが表れた超かわいい“ポーズ”とは・・?

2021年1月31日
BLACKPINK ジェニー ロゼ

BLACKPINK ジェニー&ロゼ、こっそりおそろいの服を着ていた! 「もしかして付き合ってる?」・・ 仲良しすぎる2人の関係性に感動

2021年1月29日
BTS(防弾少年団) BLACKPINK

Big HitとYG、NAVERが手を組んだ! K-POP界最大のコミュニケーションプラットフォームが誕生! 所属のBTSとBLACKPINKのコラボはあるの?

2021年1月28日
KPOP monsterをフォロー!