BTS(防弾少年団)、ジミン着用で波紋の“原爆Tシャツ”売り切れ続く! 増産も予定

ourhistory

韓国人気ボーイズグループBTS(防弾少年団)のメンバー、ジミンが過去に着用していたことが指摘され、波紋を呼んでいる、いわゆる“原爆Tシャツ”が、売り切れ状態になっていることが明らかになった。

ジミンは、2017年に旅行記シリーズ番組「ボンボヤージュ」において、原子爆弾投下直後のキノコ雲と、万歳をする人たちの写真を使ってデザインされたTシャツを着ていたとされる。Tシャツには、「PATORIOTISM(愛国心)、OURHISTORY(我々の歴史)、LIBERATION(解放)、KOREA(韓国)」といった文字も書かれている。

このTシャツを着たジミンの写真が最近になって、日本のネット上を中心に取り上げられた。多くの被害者を出した原爆投下を称賛するようにもとれるデザインに批判の声が多く上がっている。

Mステ生出演が異例の前日キャンセルに

こうした状況を受け、テレビ朝日系列の「ミュージック・ステーション」は、11月9日に予定されていたBTS(防弾少年団)の生出演を前日夜に急きょ取りやめることを発表した。

「11月2日に予告しましたBTSの11月9日放送回でのご出演を今回は見送らせて頂くことになりました。以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました。ご出演を楽しみにされていた視聴者の皆様に深くお詫び申し上げます」 ― 「ミュージック・ステーション」公式サイト

BTS(防弾少年団)、Mステ生出演が放送前日にキャンセルに! ジミン原爆Tシャツ問題が物議

2018.11.09

原爆Tシャツの影響はこれだけにとどまらず、一時は内定の噂も出た年末のNHK紅白歌合戦への出演も、今ではその可能性は極めて低くなったと見られている。またBTSの日本での活動をやめるよう求める声も見られる。

原爆Tシャツの売り上げが急増

それほどまでに波紋をよんでいる原爆Tシャツだが、意外にも売り切れ状態が続いているという。allkpopが伝えたところによると、ジミンがそのTシャツを着ることが、愛国心ある行動だとして称賛、応援する人たちがおり、ジミン着用によってTシャツが問題視されるようになってから売り上げは急増。それを販売する「ourhistory」のウェブサイトでは、直ちに売り切れ状態になったという。

さらに「ourhistory」はこのTシャツの増産を進めており、11月19日には新たな在庫が売りに出されるという。値段は49,000ウォン(約4,900円)だ。

今後BTSは日本において、11月13日、14日の東京ドームを皮切りに、彼ら自身初となるドームツアーの開催を予定している。京セラドーム、ナゴヤドーム、福岡 ヤフオク!ドームと、合計4都市で開催される9公演はすべて完全にソールドアウトとなっており、公演自体は予定通り行われる見込みだ。一方で、BTS側から、今回のTシャツ騒動についてのコメントなどはまだ出ていない。

BTS(防弾少年団)、Mステ生出演が放送前日にキャンセルに! ジミン原爆Tシャツ問題が物議

2018.11.09

BTS(防弾少年団)Vは、TWICEの新曲「Yes or Yes」が超お気に入り! 楽しそうに踊る姿が目撃される[動画あり]

2018.11.08

BTS(防弾少年団)RMのMVに出演した全身タトゥーモデル キムウヨン(マーリー・ホン)、交通事故で死去

2018.11.07

BTS(防弾少年団)ジョングク、あるキャラクターにそっくりと話題! シンクロ率100%?!

2018.11.04

BTS(防弾少年団)ジミンのバースデイ動画がハンパない再生回数を記録! しかしさらにその上をいく人物が・・!?

2018.11.03