松田迅は“リアクションの才能”まで天才的だった! 「PRODUCE 101 JAPAN 2」(日プ2)松田迅、だれよりもノリノリでみんなのステージを楽しんで… 歌やダンスにとどまらないおちゃめな魅力に国民プロデューサーメロメロ

「PRODUCE 101 JAPAN 2」松田迅
「PRODUCE 101 JAPAN 2」松田迅

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」(日プ2)の練習生・松田迅が披露する“並外れたリアクション”が話題に。歌やダンスだけにとどまらない才能がさすがすぎると、国民プロデューサーの視線をくぎづけにしている。

5月13日には第6話が配信され、歌・ダンス・ラップの3つのジャンルから練習生たちが得意なものを選ぶポジション評価がおこなわれた「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」。厳しい練習を乗り越えながらみるみる実力を伸ばす練習生たちの姿は、いつも見る人の心を熱くさせている。

するとそんな番組の中で、練習生・松田迅の“もう1つの才能”が話題に。歌やダンスにとどまらない魅力がかわいすぎると、注目を集めている。

松田がいつも披露しているその才能とは、なんとリアクションの才能。これまでにも、グループバトルでBTSの楽曲「I NEED U」に挑戦した井筒裕太をすかさず「裕太! 裕太ラップうまいじゃん!」と絶賛したり、第1回順位発表式で小池俊司が前に出るやいなや「俊司~!」と声をかけたりと、どんなときもその場をなごませる明るさの持ち主としておなじみの松田。すると国民プロデューサーは、松田がそんな自身の才能を思いっきり開花させる瞬間に注目。それはまさに、グループバトルやポジション評価での控え室だ。

グループバトルでGENERATIONS from EXILE TRIBEの「AGEHA」を披露した1組のステージでは、松田はイスから立ち上がって一緒にノリノリでダンス。小池のパートでは思わず叫んでしまったりと、そこにいるだれよりも1組のパフォーマンスを楽しむ姿を見せた。

#3 ハイライト|GENERATIONS from EXILE TRIBE♫AGEHA – 1組[グループバトル]

さらに松田は、公開からわずか4日で210万再生を突破し、現在では287万回を超える驚異の再生回数を記録しているポジション評価での「花束のかわりにメロディーを」のステージでも、その並外れたリアクションの才能を発揮。センターの藤牧京介がみごとな高音を披露すると、思わず立ち上がってなんとも独特な動きでジタバタしながら、抑えきれない感動の気持ちをこれでもかと表現したのだ。

#6 ハイライト|清水翔太 ♫ 花束のかわりにメロディーを[ポジションバトル]

だれもが笑顔になるリアクションの才能はもちろんのこと、ポジションバトルで披露したJO1の「OH-EH-OH」ではみごと1位を獲得し、すばらしい実力とカリスマを証明した松田。見る人が一瞬で視線を奪われる華やかさまで兼ね備えたその姿に、国民プロデューサーからはこれからの「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」で披露される松田の成長に期待する声が相次いでいる。


#6 ハイライト|JO1 ♫ OH-EH-OH[ポジションバトル]

[推しカメラ]松田 迅(Matsuda Jin) -JO1 ♫ OH-EH-OH|ポジションバトル(DANCE)

「PRODUCE 101 JAPAN 2」笹岡秀旭

人柄だけじゃなく歌声まで美しいなんて! 「PRODUCE 101 JAPAN 2」(日プ2)、笹岡秀旭のボーカルに絶賛&感動の声殺到! とつぜん披露された驚異の実力に虜になる人続出

2021年5月19日
「PRODUCE 101 JAPAN 2」佐野雄大

「PRODUCE 101 JAPAN 2」(日プ2)、佐野雄大の信じられない変貌ぶりに国民プロデューサー騒然! まさかそんなセクシーでヤンチャな魅力を隠し持ってたなんて… 彼の驚くべき成長とその努力に感動する声殺到

2021年5月18日
(左から)太田駿静・藤牧京介・飯沼アントニー・仲村冬馬

わずか4日で驚異の210万再生を突破! 「PRODUCE 101 JAPAN 2(日プ2)」、「花束のかわりにメロディーを」のステージ映像が驚異的な人気を証明… あふれる才能&感性に4人のデビューを望む声殺到

2021年5月17日
(左)「PRODUCE 101 JAPAN 2」池崎理人(右)BTS V

まさかBTS Vのファンなの!? 「PRODUCE 101 JAPAN 2」、池崎理人が持っていたまさかのアイテムに視線集中! じつはそこにはVとの深い関係が… 池崎が明かした意外な事実に驚きと喜びの声続々

2021年5月16日
「PRODUCE 101 JAPAN 2」DU Quintet

DU Quintetしか勝たん!…『PRODUCE 101 JAPAN 2』、木村柾哉率いるチーム・DU Quintetのメンバー愛が美しすぎる…! 同じ夢を追う5人の絆を象徴するようなあのアイテムに込められた熱い思いに国民プロデューサー涙

2021年5月15日
KPOP monsterをフォロー!